“二十”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はたち92.1%
はた3.3%
ハタチ1.4%
にじふ1.4%
にじっ0.5%
にじゅう0.5%
にんじゅ0.5%
ドゥワツツアッチ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治二十一年というときの日本は、二十ばかりの若い女の書いた小説でも、それが上梓され、世間が注目するだけには開化していた。
婦人と文学 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
わが父は八十ちかき、國いでてすでに二十とせ、この頃は夢に立ちと、き友の夜ごと寄りと、樂しよとひと夜もおちず、よく寢むとかつぎて、今宵はもの誰か來む、早や待つと
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
其後十二年、南家の娘は、二十になつてゐた。幼いからのさにかはりはなくて、玉・水精の美しさが益々加つて來たとの噂が、年一年と高まつて來る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
後方の下甲板には何時二十四五まで越せしと見るばかりのよき英国紳士十五六人、四五人づつ横の列つくりて手を取り合ひ足揃へて歩めるを見受けふが
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
ことにあした会う時に、どんな態度で、どんな事を言うだろうとその光景が通りにも二十通りにもなって、いろいろに出て来る。三四郎は本来からこんな男である。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
後ろの方の座席にいた二十余りの男は憤慨の色を現わした。
(新字新仮名) / 魯迅(著)
「鯛だぞ、鯛だぞ、活きとるぞ、魚は塩とは限らんわい。醤油で、ほっかりと煮て喰わっせえ、ぺたがこちる。——ウ一ウ、ア二アそら二十よ。」
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
ダワーイ! 奥さん好い新しい蜜柑! 二十五哥!(一どきに下って)二十哥! ダワーイ!
モスクワ印象記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)