“二十年”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はたとせ50.0%
にじゆうねん25.0%
はたち12.5%
ふたむかし12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
阿古屋の珠は年古りて其うるみいよいよ深くその色ますますはしといへり。わがうた詞拙くおどろおどろしく、十年經て光失せ、二十年すぎて去り、今はたその姿大方散りぼひたり。
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
日本ける地震學のこれまでの發達人命財産する方面研究であつた。るに最近二十年歐米ける地震學方面發達した。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
それら全部の救護は、ことごとく、少数の医員たちの、すべて二十年以下の、年わかい看護婦五十名の、ちつじょただしい、ぎせい的の努力によって、しとげられたのです。
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
若「本当にそうでしょうねえ、神奈川へ行ったのも昨日今日のように思ってるが、二十年にもなるんだからねえ、高根の伯父もさぞ年をとったでしょう、まさかもう頑固もいいますまいよ」