“然”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しか64.7%
16.1%
7.8%
3.0%
さう1.3%
ねん1.0%
しかれ0.9%
しかる0.7%
シカ0.7%
しから0.4%
そう0.4%
ぜん0.4%
され0.2%
さら0.2%
しかし0.2%
0.2%
もえ0.2%
0.2%
そん0.2%
もゆ0.2%
さす0.1%
さり0.1%
さる0.1%
0.1%
うん0.1%
けれ0.1%
さは0.1%
しかうし0.1%
そぞ0.1%
それ0.1%
へい0.1%
アア0.1%
シイ0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
戯文戯墨の毒弊は世俗の衆盲を顛堕せしのみかは、作者自身等をも顛堕し去んぬ。れども其罪は之を独り作者に帰すべきにあらず。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
越前武生の、しい旅宿の、れたれて、二ばかりもんだ吹雪行惱みながら、は——ひました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
夫人はこの時笑ってしまえば宜かったのに、うもう行き兼ねた。女中が先ず笑ったのである。それが先刻の仇討のように思えた。
或良人の惨敗 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
不思議と云ふやうな大袈裟な言葉を最初に使つて置いて、淡い戯れのやうでかも心から消し難い昔の恋人を軽く思ひ出した作である。
註釈与謝野寛全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
これは此市で一番人の目に立つ雄大な二階立の白堊館、我が懷かしき母校である。盛岡中學校である。巨人? だ、かに巨人だ。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
其処で余は主人の注意に従ひ、歌志内に廻はることにめて、次の汽車まで二時間以上を、三浦屋の二階で独りポツと待つこととなつた。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
どもなほぜず、に歎じて曰く宮本武蔵は※々を退治せり。洋人の色に飢るや綿羊を犯すものあり。僕くここに到るを得ずと。
桑中喜語 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
向年より五々の暦数に及んで日域に一人の善童出生し不習に諸道に達し顕然たるべし、に東西雲焼し枯木不時の花諸人の頭にクルスを
島原の乱雑記 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
世間も当然、あるべきものとして怪しまなかつたに違ひない。併しそこに、世間及び彼のとつた大誤算のきはじめがあつたのである。
市村羽左衛門論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
中國四國九州の探題の公用方なれば矢張御直參同樣に候と答へける戸村ば御城代諸司代御老中と夫々の公用人何れも帶劔を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
陛下に仁慈の御心がなかったか。御愛憎があったか。断じてではない——たしかに輔弼である。
謀叛論(草稿) (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
九月一日の東京と大焼けに焼けた妻が拙者をうて、別嬪でも醜婦でも、一切の物、わが夫に見られたらたちまち破れおわれと詛うた。
芝八山へと急ぎ行次右衞門道々考へけるは天一坊家來に九條殿の浪人にて大器量人とある山内伊賀亮には逢度なしば赤川大膳を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
呼出し澤の井の宿所を尋ねしに大黒屋源左衞門はのみ世話する故女の奉公人のは存じ申さずとの事なればばとて榎本屋三藏に澤の井が宿所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
やうな大魚出世魚と申す鯉魚の、お船へ飛込みましたと言ふは、類希な不思議な祥瑞
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
処が又、る古代こがれでない人々から、近代風に謬られ相な、葬式の赤幡・青幡、降参の幡がある。
幣束から旗さし物へ (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
此事をはればきよめたる火を四隅よりす、油滓など火のうつりきやうになしおくゆゑ煓々熾々あがる
「あ、じゃでの、」などと役人口調で、眼鏡の下に、一杯のを寄せて、髯の上をで下げ撫で下げ、滑稽けた話をして喜ばせる。その小父さんが
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
打ち偖はいふありしか夫にて思ひ合すればをなされし丁稚どの如何やら吾儕は見たやうな最前よりして考へ居りしが昨日來りし人で有しかなら水を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
筑紫のしらぬ火といふは古哥にもあまたよみて、むかしよりその名たかくあまねく人のしる所なり。そのるさまは春暉西遊記*12にしらぬ火をたりとて、にしるせり。
重四郎らくと押止め必ず早まり給ふな親分のは三五郎と知たる上其は宜敷時刻を計つて討洩さぬ樣に致すが肝要なり殊に今宵三五郎は宅にれば仕懸其詮無しと云ふにぞ掃部是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
天道樣が感應まして忠兵衞にはせし者ならん如何にも此長助が一肌でお世話致さんながら一中山樣にて落着の付し事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
掘出されし由をまはりたり扨々浦山敷事なり何卒其古金の内を少々拙者配分致し賜れと云ふに兵助はと思へど然有風情にて貴殿にはことを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
有害めてるとふものだ、自分いてゐる人間から給料つてゐる、不正直だ、れども其者つて微々たるもので、社會必然の一分子ぎぬ、
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「何にあの男だって唯の男サ」と真蔵は起上がりながら「ども関係わんが可い」
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
我彼に、われ來れども止まらず、れ、かく汚るゝにいたれる汝は誰ぞ、答へていふ、見ずやわが泣く者なるを 三四—三六
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
ける程ににけり。
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
東海道で稼げなくなって、上海、長崎の門管ラインに乗換えたところを又、古同然の吾輩に附き纏われてはトテモわないというのだろう。吾輩はろにお玉の窮況に同情してしまった。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
御頼み申すと云にぞお勇は彌々にのり然樣ならば先方してウンと云時は御變替ません其所を御承知で御座りますかとば重四郎何が扨武士に二は御座りませんと云ふにぞお勇は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其限りか。。左様かへ、さあ遅くなる、関はずに行くがよい。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
其れに下宿人の娘の一人も剽軽者で細君に調子を合せて歌ひ、何かと冗談を言合ひ其末ぐ二人共歌の調子に成る。美男の亭主は何時でも「」と言つて莞爾して居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
人々は、午前七時から午後七時までの間に出かけて行って、投票します。投票紙には、という二つの実に明白な文字が、印刷してあります。
踊る地平線:10 長靴の春 (新字新仮名) / 谷譲次(著)
言ふまでもなく、「」から来た「そよ」「よ」であること疑ひもないのだが、小唄・狂言には、大抵の場合、「よ」「うよ」「うよの」と言ふ風に、誰も解釈して来たらしい。
「さうや さかいに」 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)