桑中喜語そうちゅうきご
なにがしと呼ぶ婦人雑誌の編輯人しばしばわが廬に訪ひ来りて通俗なる小説を書きてたまはれと請ふこと頻なり。そもそも通俗の語たるやその意解しやすきが如くにしてまた解しがたし。僕一人の観て以て通俗となすもの世人果して然りとなすや否やいまだ知るべから …
作品に特徴的な語句
たくわう くわだつ しかれ あやまち かかえ まず かかぐ すなわち まいり 筋向すじむかい 規則きめ とざ そなえ もよおし 引掛ひっかけ 道理ことわり 岐路わきみち あらわ あが いささか いか ゆき あらわ はた 何人なんびと ほとんど きく がね もっとも なんな りき もだえ いまだ 車夫しゃふ 紅葉こうよう むこう はずかし うじ 小人しょうじん もっぱら はや 行燈あんどう 家持いえもち やすん すい こぞ みだり べに たず おおい ひそか 読売よみう 穿うが そらん かわ もと 土蔵どぞう そしり もん 品定しなさだめ あた むれ ひそ 上框あがりかまち 耳朶じだ 物費ものいり 下賤げす なみ ひとり しきり ぎょく 二折ふたつおり かたじけな 享保きょうほ つら はなはだ 優物ゆうぶつ たちまち ちょう 悪摺わるずれ 口吻こうふん いと くだり 芳川よしかわ つと ばな やす 自惚うぬぼれ 縮緬ちりめん 紅勘べにかん 置屋おきや 素人しろうと かんざし 素足すあし 紅裙こうくん