“備”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そな61.3%
そなわ9.7%
そなへ8.1%
そなえ8.1%
つぶ2.4%
そなはら1.6%
そなは1.6%
ととの1.6%
1.6%
そなわっ0.8%
ぞな0.8%
つぶさ0.8%
まき0.8%
0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おのづから智慧はつて、に、隱形陰體魔法使つて、人目にかくれびつゝ、何處へかつてくかともはれた。
番茶話 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
こういう先生は単にるだけで、手本に似ぬ拍子をやる仲間だろうと思うが、それがまたかえって一座を賑かにするのであろう。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
井戸は小屋をは雪中其物をしむべきをなす。雪中には一野菜もなければ家内人数にしたがひて、雪中の食料ふ。
そこで、私は机の上のに入れてあったホテルの用箋を取出して、つけのペンで、彼女が岩山から見たという海岸の景色を描いた。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
寡婦言う、我はこれ族姓にして年は盛りの時に在り、礼儀さに挙がりて財宝多饒なり。大徳の為に給事せんと欲す。まさに願うべき所、とぞして納められよと。
せしこと小千谷北越一市会商家鱗次として百物ざることなし。る事に七里ゆゑに魚類しからず。
フイレンチエはその自然の美しき、その畫廊のれる、居るにしきところなれど、再生祭の後こゝに歸らんことは、今より姫の樂むところなり。姫はかしこの景色を物語りぬ。
翌日博士は旅装をえ、発掘用の道具などは、雇った土人に担がせて、町の外れから駱駝に乗り、クウフ王の金字塔へ、希望に満たされて乗り込んで行った。
木乃伊の耳飾 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
を乞うとはいえ、決して信長にれを求めているのではない。二州の強兵と一族郎党はなお健在であるのだ。
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
めずして自然にソレが私の体にて居るとてもしい。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
えはくずれやすい。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
滔々数千言に其の人となりを尽す。に記す、晩年畏慎を加え、昼のす所の事、夜はち天にすと。愚庵はたゞに循吏たるのみならざるなり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ここへ入れて、建業からさらに新手のを仰がねば、互角の戦いをすることはできまい
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
モシ君ガソノ地ニ於テ、ソノママ、富貴ヲ望ムナラバ、セメテ今日マデ、イルコト薄キ自分トシテ、(自分のこと)ガ首級ヲ贈ッテ、君ノ全功ヲ陰ナガラ祷リタイト思ウ。
三国志:05 臣道の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)