“商家”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しやうか29.2%
しょうか29.2%
あきないや12.5%
あきうどや4.2%
あきゅうど4.2%
あきゅうどや4.2%
あきんとや4.2%
あきんど4.2%
あきんどや4.2%
たな4.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長吉仕方なしにだ左へ左へと、いゝかげんにれてくと蔵造りの問屋らしい商家のつゞいた同じやうな堀割の岸に二度も出た。
すみだ川 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
そのうちに、子供きくなったものですから、このから程近い、のある商家へ、奉公させられることになったのであります。
牛女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
山の下の多くの飲食店や、商家にはが青黄色い柳の色と一つに流れて、そこを動いている電車や群衆の影が、夢のように動いていた。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
蠣殻町二丁目の家から水天宮裏の有馬学校へ通って居た時分———人形町通りの空が霞んで、軒並の商家紺暖簾にぽか/\と日があたって
少年 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
蒲団の上に足をしながら、何か近頃この街で珍らしくった話は無いか? 私が問うと、老按摩皺首突出して至って小声に……一週間前にしかもこの宿で大阪商家の若者が
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
「ここは商家じゃないのか。客にむかって、そのあいさつは何だ。菓子舗とかんばんをあげておいて、菓子を売らねえという法があるか」
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
戸数五百に足らぬ一筋町の東のれに石橋あり、それを渡れば商家でもなく百姓家でもない藁葺き屋根の左右両側に建ち並ぶこと一丁ばかり、そこに八幡宮ありて、その鳥居の前からが片側町
置土産 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
其のは此の文治を欺き五十両強請ろうとして参ったか、其の方は市中おの身の上で肩書のある悪人でありながら、夫婦にて此の近傍の堅気の商家へ立入り、強請騙りをして人を悩ます奴
業平文治漂流奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
さあ、模様が誂向きとなったろう——ところで、一番近い田圃へ出るには、是非、あの人が借りていた、その商家の前を通るんだったよ。
沼夫人 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
尋ねて来る御客様は町会議員、大地主、商家の旦那、新聞屋、いずれも土地の御歴々です。
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)