“仕方”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しかた97.9%
しうち1.1%
ジエスチユア1.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“仕方”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸12.9%
歴史 > 日本史 > 日本史3.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)3.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「それではあんまりです。一寸おち下さい。ええと、仕方しかたない、そんならまあ私の作った花でも見て行って下さい。」
チュウリップの幻術 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
このあんまわからぬと、おりき仕方しかたくらしさにおもひあまつてつたこと
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
劫かすなどとは何たる仕方しうちです
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)