“仕方”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しかた96.0%
しあ1.0%
しうち1.0%
ジェスチャー1.0%
ジエスチユア1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「一番上等な帽子に化けて、あの男に買われて、ともかくも外に出てみるとしよう。ここにこうしていたんでは、窮屈仕方がない」
不思議な帽子 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
仕方げたに教育せられ薫陶せられた中から良妻賢母大袈裟だが一人前の日本婦人が出て来るなら芥箱の玉子のもオヤ/\さねばならない
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
尋ねて来た主意さえ忘れ「自分の間違いなら間違いで、断念めるが好いでは有りませんか、猶も未練を残し、非常な手段を取って、劫かすなどとは何たる仕方です」
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)