“大袈裟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおげさ75.4%
おほげさ23.9%
おゝげさ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
題して「グッド・バイ」現代の紳士淑女の、別離百態と言っては大袈裟だけれども、さまざまの別離の様相を写し得たら、さいわい。
「グッド・バイ」作者の言葉 (新字新仮名) / 太宰治(著)
前代未聞の事件で、騷ぎが大袈裟だつた爲か、遠い親類も近い他人も一ぺんに突つ掛け、店から奧へまこと押すな押すなの混雜です。
河内介の三倍もののある衣裳を着けた夫人の立ち姿が、そのとき牡丹れ落ちるようなゆったりとした動揺を起して、をわたる松風にも似た大袈裟ずれの音を立てた。