“牡丹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぼたん97.8%
ぼた1.3%
ぼうたん0.4%
ピオネア0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幅七分に長さ五寸あまりの翡翠で、表には牡丹の葉と花が肉高な浮彫りになっている、翡翠といっても玉にするほどの品ではないが
日本婦道記:墨丸 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
子には襤褸を下げさせ家とては二畳一間のこんな犬小屋、世間一体から馬鹿にされて別物にされて、よしや春秋彼岸が来ればとて、隣近処に牡丹もち団子と配り歩く中を
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
牡丹四方りはしづけくて色無きがごとしこもる蚊のこゑ
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
朝顔よりはむしろ牡丹のやうにみえる
『春と修羅』 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)