“鳳仙花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうせんか87.5%
ほうせんくわ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鳳仙花は近世に外国から入って来た草かと思われるのに、現在は全国えておらぬ土地もなく、その名前がまた非常に変化している。
近ごろは店の前の街路樹を利用して、この周囲に小さい花壇を作って、そこに白粉や朝鮮朝顔や鳳仙花のたぐいを栽えているのもある。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
井戸端にぼつさりとりながら日中さにぐつたりとれて鳳仙花の、やつとつて手拭れてぼろつとちた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
まだやつと十六だといふ、色の白い、髮のやはらかい、ふつくらとした顏の、鳳仙花のやうな娘であつた。それが呼び込み口に坐つて客を呼んでゐる姿は、あまりに痛々しかつた。
天国の記録 (旧字旧仮名) / 下村千秋(著)