“鳳仙花”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ほうせんか87.5%
ほうせんくわ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鳳仙花”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 動物学 > 昆虫類40.0%
自然科学 > 植物学 > 植物学8.3%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ツマグレ即ち鳳仙花ほうせんかの花びらを以て、子供が指をあかく染めるときに、この葉を交えんで色を出すという。
まず引越しをして来ると、庭の雑草をむしり、垣根をとり払って鳳仙花ほうせんか雁来紅がんらいこうなどを植えた。
落合町山川記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
さらにぐつたりとしをれた鳳仙花ほうせんくわえだがすかりとさけさきについた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
たけぼうはぎつととほしたまゝいつまでもむなしく鳳仙花ほうせんくわそばつてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)