“金鳳花”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きんぽうげ75.0%
きんぼうげ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山楂は芽ぐみ、丁子は古壁の上に宝石を飾り、薔薇色の金魚草は石の割れ目に花を開き、草の間にはひな菊や金鳳花がかわいく咲きそめ、年内の白いは始めて飛び出し
金鳳花、いらくさ、雛菊、それから紫蘭、あの、紫蘭の花のことを、しもじもの者たちは、なんと呼んでいるか、オフィリヤは、ご存じかな? 顔を赤くしたところを見ると、ご存じのようですね。
新ハムレット (新字新仮名) / 太宰治(著)
吾は此方に蒲公英、母子草金鳳花金仙花、福壽草など栽ゑんは色彩如何に。見よ、光よ。色彩からずや。
花枕 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)