“金鳳花”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんぽうげ75.0%
きんぼうげ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金鳳花”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
文学 > 日本文学 > 戯曲0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
薔薇色ばらいろの金魚草は石の割れ目に花を開き、草の間にはひな菊や金鳳花きんぽうげがかわいく咲きそめ、年内の白いちょうは始めて飛び出し、永遠の婚礼の楽手たる春風は
とても珍重すべきものに見えるらしい、黄色い金鳳花きんぽうげやら
箱根の山 (新字新仮名) / 田中英光(著)
それこそ善からめ。吾は此方に蒲公英、母子草はゝこぐさ金鳳花きんぼうげ金仙花きんせんくわ、福壽草など栽ゑんは色彩いろどり如何に。見よ、光よ。色彩いろどりからずや。
花枕 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)