“鳶尾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちはつ75.0%
とんび12.5%
エンビ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこへいくとこの文楽師匠は赤でなし、青でなし、巧緻に両者を混ぜ合わせた菖蒲あやめ鳶尾いちはつ草、杜若かきつばた——クッキリとあでに美しい紫といえよう。
小説 円朝 (新字新仮名) / 正岡容(著)
屋根が並外れて高く、その平な屋梁むねには、一面に百合や、鳶尾いちはつや、その他の花が咲いていた。
枝垂桜しだれざくら、黒竹、常夏とこなつ花柘榴はなざくろの大木、それに水の近くには鳶尾いちはつ、其他のものが、程よく按排あんばいされ、人の手でいつくしまれて居たその当時の夢を
路並の茅葺屋根には、棟に鳶尾いちはつか菁莪らしいものが青々と茂って花が咲いていた。
秩父のおもいで (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
濕つた杉の根方には鳶尾いちはつの花が咲いてゐる。
闇への書 (旧字旧仮名) / 梶井基次郎(著)
百姓家は恐ろしく大きな草きの屋根を持っていて、その脊梁には鳶尾とんびに似た葉の植物が生えている。
ある村の家は、一軒残らず屋根に茂った鳶尾とんび草を生やしていた。
一八とはイチハツの当字で、イチハツとは鳶尾エンビで、鳶尾とは紫羅襴シラランで、紫羅襴とは紫蝴蝶シコチョウで、紫蝴蝶とは扁竹ヘンチクで、扁竹とは Iris tectorum Maxim. で
植物一日一題 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)