“青茅”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あおち100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“青茅”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > スポーツ・体育 > 釣魚 遊猟1.5%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
茫漠ぼうばくとして広い青茅あおちの原に突っ立ったつがの老木から老木へ、白い霧が移り渡って、前白根の方へ消えいく。
雪代山女魚 (新字新仮名) / 佐藤垢石(著)