“雛芥子”の読み方と例文
読み方割合
ひなげし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
襖の根に置いてある本棚の側に、白い大きな壺に雛芥子の花が沢山ねて揷してあるのが、電気の灯の中に赤く目立つて見えた。
桑の実 (新字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
雛芥子が散って実になるまで、風が誘うをめているのだ。色には、恋には、には、その咲く花の二人をけて、他の人間はたいがい風だ。
紅玉 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
窓掛の間から野性の雛芥子の燃える樣なの色が見える。四時と云ふのに一分の違ひも無しに巴里の北の停車場に着いた。
巴里まで (旧字旧仮名) / 与謝野晶子(著)