紅玉こうぎょく
時。 現代、初冬。 場所。 府下郊外の原野。 人物。 画工。侍女。(烏の仮装したる) 貴夫人。老紳士。少紳士。小児五人。 ——別に、三羽の烏。(侍女と同じ扮装) 小児一やあ、停車場の方の、遠くの方から、あんなものが遣って来たぜ。 小児二何だ …
作品に特徴的な語句
へえ わかき 卓子テェブル きさま あせ まぶし せなか 先達せんだ つッ さみ よし あかり つつ 汝等きさまら 太陽おひさま いだ 一先いっさき いち とも あかる ためし くら おおき むくい こうべ じゅ ぬか 吃驚きっきょう じっ いつ みま えて 硝子ビイドロ ともしび もと きた ステッキ せな つかみ くるし あやし 彼方あなた なり かげ わか あめ さかん 喝采やんや 冷水おひや におい おそ 三羽みッつ あが 不可いか 所為しょい しろ かけ かた すすき まと きま たのし めぐ よう かすか べに 忍笑しのびわらい 怜悧りこう たち うらやま 世間よのなか そっ 何時なんどき 餓鬼がっき なが 油揚あぶらあげ 悄々すごすご 立停たちど かなし 鵯越ひよどりごえ あわただ あらわ 空腹すきばら わたくし しきり 暗夜やみ しか つら まろ 一人いちにん
題名が同じ作品
紅玉 (新字旧仮名)泉鏡花 (著)