“冷水”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひやみず25.4%
ひや22.0%
おひや16.9%
ひやみづ15.3%
れいすゐ8.5%
れいすい8.5%
みず3.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ヒトミはもちろん東助も、頭から冷水をぶっかけられたように、ぞおーッとして、左右からポーデル博士にすがりついた。
ふしぎ国探検 (新字新仮名) / 海野十三(著)
「お宅へ着いて、ホッとひと安心いたしましたが、まだこのように胸が波を打っておりまする。誰か、お冷水を一杯下さいませんか」
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
美味冷水を何杯も何杯も御馳走して下すった上に、妾の話をスッカリ聞いて下すって、色んな事を云って聞かせて下すったのよ。
狂人は笑う (新字新仮名) / 夢野久作(著)
第六 毎日一度冷水微温湯にて身體清潔ひとり、肌着着替べし。入浴は六七日目たけからざるるべき
養生心得草 (旧字旧仮名) / 関寛(著)
で、のくらゐを、とをざぶ/\と冷水ひながら加減して、やがて、る、ともうつた。
城崎を憶ふ (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
冷水をたたえた手桶小柄杓、それに、どめの白布をそえてはこんできた若い武士がある。一同にその使用をすすめたのち
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それでも若旦那が血だらけになって楽屋へかつぎ込まれた時には、わたしも総身に冷水を浴びせられたように悚然とした。
半七捕物帳:03 勘平の死 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)