鳴門秘帖なるとひちょう03 木曾の巻03 きそのまき
未明のうちに、本郷森川宿を出たお綱と万吉とが、中仙道をはかどって、もうそろそろ碓氷峠の姿や、浅間の噴煙を仰いでいようと思われる頃、——三日おくれて、同じ中仙道の宿駅に、三人づれの浪人を見ることができる。 それが、例の、お十夜と、一角と周馬で …
作品に特徴的な語句
ソウロウ ナラ ナオ すき コト 執行シュギョウ げん ぺん もの 阿波アワ こう 宿じゅく どまり こう いん うし ともし すさ モッ 尿にょう しも すい づめ せき づら じん ねろ 茯苓ふくりょう ニワカ ともし 一揮ひとふ えい 盲目めしい めえ はず さま づる まな とも 美女たぼ じり もつ っか くう 彼方あなた たい さん 山峡さんきょう 上手かみて はず よね だらい たく まん なま ぶん かい 出張でばり 夕雲せきうん 夜半よわ 冷々れいれい 樹葉じゅよう だい ことわ におい ぱら らん だな 格子ごうし 空谷からだに 犠牲にえ いや かか 其折ソノオリ くれない つか 内儀ないぎ そく けん うっ
題名が同じ作品
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)