鳴門秘帖なるとひちょう02 江戸の巻02 えどのまき
みぞれ模様の冬空になった。明和二年のその年も十一月の中旬を過ぎて。 ここは江戸表——お茶の水の南添いに起伏している駿河台の丘。日ごとに葉をもがれてゆく裸木は、女が抜毛を傷むように、寒々と風に泣いている …
作品に特徴的な語句
見遁みのが 裸足はだし 深傷ふかで 修羅しゅら 脾腹ひばら 凄味すごみ 裏店うらだな 御家人ごけにん 煙草盆たばこぼん 浅黄あさぎ 反身そりみ 立場たてば 坩堝るつぼ 藁草履わらぞうり 喉笛のどぶえ 狐狸こり 脱兎だっと 韋駄天いだてん 高輪たかなわ 夜寒よさむ あま 嘆息ためいき しめ 烏滸おこ 音沙汰おとさた 孤児みなしご 仮借かしゃく 鉄漿おはぐろ 板塀いたべい 人非人ひとでなし 緋縮緬ひぢりめん 皆目かいもく ろう 無碍むげ 掃溜はきだめ 炯眼けいがん むじな 友禅ゆうぜん 度胆どぎも 不忍しのばず 危惧きぐ 重畳ちょうじょう 日蔭ひかげ 蔵前くらまえ 路次ろじ 夢寐むび 木魂こだま ほた 草双紙くさぞうし 仰天ぎょうてん 渺茫びょうぼう 生血いきち 思惑おもわく 森閑しんかん 鳶口とびぐち 紅蓮ぐれん 轟然ごうぜん 昏々こんこん 気振けぶ 紙屑かみくず かんざし 外道げどう 伺候しこう 生唾なまつば 縷々るる もず 脂肪あぶら たつ 余燼よじん 催促さいそく 足掻あが かご 手蹟しゅせき 悔悟かいご 朧夜ろうや 湯女ゆな 経文きょうもん 伝手つて 寝覚ねざめ 神楽かぐら 堅固けんご 尾籠びろう 山内さんない 爪尖つまさき 内々ないない 蝶番ちょうつが 丁子ちょうじ 昏迷こんめい 甲斐甲斐かいがい 遠音とおね 間髪かんはつ 悠長ゆうちょう 千種ちぐさ 湯呑ゆのみ はま 符牒ふちょう 鯉口こいぐち
題名が同じ作品
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)