鳴門秘帖なるとひちょう05 剣山の巻05 つるぎさんのまき
それから四、五十日の日が過ぎた。 暑い。 南国らしい暑さの夏! 雄大な雲の峰の下に、徳島の城下は、海の端に平たく見えて、瓦も焼けるようなギラギラする陽に照らされている。 カチ、カチ、カチ!たえまのない石工の鑿のひびきが、炎天にもめげず、お城 …
作品に特徴的な語句
もと かく 提灯しるし 一杯ひとくち ちょ げん かく うち じょ じろ こう うし みつ どう 不幸ふしあわ ざかい がん じん ふり ばら ぞう ぎょう じゃく やつ きょ きょう いぶ おり さま とど おさ ばく おさ なな ぼり たま 公然おおっぴら 旅人たびにん 衣袋えぶくろ めえ おも 逆上あが 標札しるし 退 とぎ 短銃たんじゅう やわら 夕雲せきうん くびす 盲目もうもく 召捕めしとり ふた くう しる すけ こと くれない 旋風せんぷう さお がら あめ もぐ ことわ はず 肋骨あばらぼね 無益むだ 冷々れいれい かい もと もの らん あが 犠牲にえ 平常へいぜい つむり つか こわ 羽振はぶり 大事おおごと えん
題名が同じ作品
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名)吉川英治 (著)