“旅人”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たびびと62.6%
りょじん7.0%
りよじん7.0%
たびにん6.1%
たびと5.2%
たびゞと4.3%
タビト2.6%
たびうど1.7%
たびゝと1.7%
りよにん0.9%
エトランゼ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
堀川百首兼昌の哥に、「初深雪にけらしなあらち山旅人にのるまで」この哥をもつても我国にそりをつかふのをしるべし。
其の芋茎へ火縄を巻き付けて、それを持って追剥がよく旅人して金を取るという事を、て龜藏が聞いて知ってるから、そいつを持って孝助を威かした。
ひて馬士の道々語りて云ふ此宿も今は旅人を當にもなさず先づ養蠶一方なり田を作るも割に合はぬゆゑ皆な斯樣に潰して畑となし豆を作るか桑を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
旅人だよ、この通り、旅路だから草鞋脚絆という足ごしらえだあな、まずゆるゆるこれを取らしておくれ——それ、お洗足の用意用意
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
照る 片岡山に て せる 旅人あはれ 親無に りけめや 剌竹の はやき て せる 旅人あはれ
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
こんなうるさいでも、道連れとなればかしくはれたかして、木曾のことを發句んだ旅人もありましたつけ。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
ことし、四十を二つ三つ越えたばかりの大伴家持は、父旅人の其年頃よりは、もつと優れた男ぶりであつた。併し、世の中はもう、すつかり變つて居た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
身動旅人の雲のはたてに消ゆる時。
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
冬の雪はなるゆゑ人の蹈固たるをゆくはやすけれど、往来旅人宿の夜大雪降ばふみかためたる一の雪道雪にをうしなふゆゑ、郊原にいたりては方位をわかちがたし。
素行は木の葉のやうに寒さうに身体はせた。媼さんは闇をしてうそうそ旅人容子を嗅ぎ分けるらしかつた。
旅人は先ず大通のオペラの角のキャフェ・ド・ラ・ペーイで巴里の椅子の腰の落付き加減を試みる。
巴里のキャフェ (新字新仮名) / 岡本かの子(著)