大和古寺風物誌やまとこじふうぶつし
推古天皇の御代、上宮太子が摂政として世を治めておられた飛鳥の頃は、私にとって最も懐しい歴史の思い出である。私ははじめ史書によってこの時代を学んだのではなかった。大和への旅、わけても法隆寺から夢殿、中宮寺界隈へかけての斑鳩の里の遍歴が、いつし …
作品に特徴的な語句
くだ この ひと 微笑ゑま のたまは あれ なづ ひと また まか つかへ よりところ ほふり ひとり かがふ ヤミ やはらぎ のたま をさ なら こもごも 歔欷なげ ことなること まっとう じやう まを おはし シロシメス まろや さはの あら こうぶ みくし こども こぼ をがみ みのり あづ にほ つき おなじき つど あやま ころも ほのほ いへで まつり いまし つたは はなは しょう てづか したが まじはり かた おぼし 微笑ゑみ ちゃく ひかり をがま おの わいわい あらは ヨロコバ いづれ しの おほぎみ くらさ にく よろこ をとな まのあた いさ いづくん みゆき ナルモノヲ ことさら この はゆま いへ 姿みすがた おこり ゐやま 衣裳みけし かしこ いや ほり さと おびと まま まも まを