大和古寺風物誌やまとこじふうぶつし
推古天皇の御代、上宮太子が摂政として世を治めておられた飛鳥の頃は、私にとって最も懐しい歴史の思い出である。私ははじめ史書によってこの時代を学んだのではなかった。大和への旅、わけても法隆寺から夢殿、中宮 …
作品に特徴的な語句
稍々やや 深傷ふかで 面長おもなが 眷属けんぞく 陸奥むつ 従容しょうよう 供養くやう 化身けしん 衣物きもの 眼差まなざし 楚々そそ 秩父ちちぶ いた 沙漠さばく 般若はんにゃ 章魚たこ 峻厳しゅんげん 根柢こんてい 不逞ふてい 発心ほっしん 馬子うまこ たちばな 無碍むげ 飢饉ききん 牢屋ろうや 茫漠ぼうばく 勃興ぼっこう 巍然ぎぜん 凄惨せいさん 蓮華れんげ 息吹いぶき 危惧きぐ 叡智えいち 尨大ぼうだい 稀代きだい 素朴そぼく 不如意ふにょい 未曾有みぞう 渺茫びょうぼう 紅蓮ぐれん かき 蕭条しょうじょう 外道げどう 強靱きょうじん 花弁はなびら 謀反むほん 読経どきょう 剃髪ていはつ 厨子ずし 甲羅こうら 函館はこだて 嫉視しっし 杞憂きゆう 菩薩ぼさつ 風貌ふうぼう 畏怖いふ 畸形きけい 昏迷こんめい 疑懼ぎく 采女うねめ 畏敬いけい 蟄居ちっきょ 解脱げだつ 薨去こうきょ 遵奉じゅんぽう 誹謗ひぼう 凄愴せいそう さき とも 堅牢けんろう 天蓋てんがい 容喙ようかい 惨澹さんたん 漠々ばくばく 瞑想おも 胚胎はいたい 血痕けっこん 遥々はるばる 怨霊おんりょう 栄耀えいよう 涅槃ねはん 詩歌しいか 蠱惑こわく 尚更なおさら あまね 綜合そうごう 仄暗ほのくら 御名みな 無間むげん 現身うつせみ 蜂起ほうき 阿修羅あしゅら 艶麗えんれい 逍遥しょうよう 広漠こうばく 戊辰つちのえたつ 御身おんみ 人柄ひとがら