“那”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
25.0%
あれ15.0%
10.0%
7.5%
あゝ5.0%
そん5.0%
ああ2.5%
あの2.5%
ノルウェー2.5%
あん2.5%
いづくん2.5%
いづれ2.5%
かれ2.5%
くだん2.5%
それ2.5%
2.5%
なん2.5%
カノ2.5%
ナン2.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の手紙を見て、何様顏をしてゐるか………おツと、其様なことは何うでも可いとして、これから小時暗中飛躍と出掛けるんだ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
んずるとか、にでも滿足してゐるとか、甚麼事にもかんとふやうになるのには、です、那云状態になつてはんければ。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「だ、だん。なにをとんでもねえこと仰っしゃって。あっしゃあ、ごらんの通り、この夏の暑気あたりで、うんうん、高い熱で唸って寝ている始末じゃござんせんか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
想へば、氣高たけたる横笛をの浮きたる艷女とはめる我が心の誤ならんも知れず。さなり、我が心の誤ならんも知れず。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
知らず彦兵衞は金のに有り付たりとび勇み望みの荷物を請取してしてと心にび我がを指て立歸り淺草御門迄來懸る處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
な大木のあるのは深山であろう、幽谷でなければならぬ。にこれは飛騨山からして来たのであることを聞いて居た。
三尺角 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
『僕は、した男が大好ですよ。僕の知つてる美術家連中も少くないが、吉野みたいな気持の好い、有望な男は居ませんよ……。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
お浪は引止否々重四郎樣は兄樣のお師匠なれば此事父上の耳に入る時は元來物固き父上ゆゑ手荒きことのありもせば兄樣に對し云ひなし又重四郎樣へもなり外に思案を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
(八月には欧州の北に旅し、の山には雪が幾重にも積もっていた。谷のあたりを歩めば、樹下には凍てつく風が吹いてきたものだった。(那威行路所見))
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
投出したるに彌助は再び驚き彌々盜賊に相違なしれは何でも何所ぞの家尻を切て盜みし金ならん身形りをして大金を持て居るは愈々推量の通りならんな奴にひを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
凡夫を捨つべく、聖道は取るべしと存せば、則ち分別をず。ぞ宴と為すことを得ん。この句は凡聖の二境をしくすることはざるをするなり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
星及び星座近傍の氣、日、及天の氣を觀るの術は、の邦にも古より存して、アストロロジーがアストロノミーの先驅となつたことは、煉金術が化學の先驅となつた如くである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
から間もなく父は死んで了ふ、婿といふのが思ツたより意久地がなくツて、到底一家を支へて行く力がなかツたばかりか、病身で稼が思ふやうでないで、家が始終ゴタ/\する。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
きてもるかきかれませねばにてもよしみなされてよと足元げになりぬあの此樣におしなさるとかあの此樣にと二度三度點頭きてなしれも雪中隨行難儀とてむるまゝに言附くるさりとては不似合なり上着につゞれのつぎしたやうなと
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
いでは新著百種末頃離鴛鴦ふのを書いたが、が名を端緒であつたかと思ふ
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
其の相反して居るの故を以て左岸の者の言と、右岸の者の言との、の一方かが、虚僞で有り誤謬で有るといふことは言へぬのである。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
郢人那得苦追尋 郢人追尋するを得ん(『景徳伝燈録』巻七大梅法常章)
僧堂教育論 (新字新仮名) / 鈴木大拙(著)
這等肥胖。好做黄牛肉賣。兩箇痩蠻子。只好做水牛肉賣。
岑参の西安幕府に在るの詩に云ふ、ラン故園月、鉄関西と。韋応物作郡の時亦た詩あり云ふ、ラン故園月、今夕在西楼と。