“あれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アレ
語句割合
彼女28.6%
26.3%
3.1%
彼男2.2%
彼娘2.0%
1.7%
彼子1.7%
1.7%
1.4%
1.1%
彼品1.1%
彼所1.1%
彼金1.1%
暴風1.1%
彼人0.8%
0.8%
暴風雨0.8%
0.8%
0.8%
那女0.8%
阿礼0.8%
0.6%
彼児0.6%
彼処0.6%
阿禮0.6%
0.6%
0.6%
彼兒0.6%
彼刀0.6%
彼塔0.6%
彼妻0.6%
彼家0.6%
彼時0.6%
彼物0.6%
彼犬0.6%
荒廃0.6%
平一郎0.3%
0.3%
0.3%
安礼0.3%
彼方0.3%
花里0.3%
阿連0.3%
一郎0.3%
九女八0.3%
人殺0.3%
0.3%
密書0.3%
0.3%
庫裡0.3%
弾丸0.3%
彼地0.3%
彼壺0.3%
彼嶺0.3%
彼望0.3%
彼札0.3%
彼獣0.3%
彼船0.3%
彼處0.3%
彼衣0.3%
彼香0.3%
指環0.3%
服礼0.3%
0.3%
欽吾0.3%
渠女0.3%
演説會0.3%
福助0.3%
英子0.3%
荒天0.3%
藤尾0.3%
言葉0.3%
連判状0.3%
那家0.3%
那麽0.3%
鉄砲0.3%
鹿子0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「では、赤橋どの、出陣の式の大床から、すぐそのまま立ち出でます。よろしく留守の事どもを。またおわずらいでも、彼女の身を」
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が修業に出た時分は、旦那さんも私もやはり東京に居た頃で、丁度一年ばかり一緒に暮したが……あの頃は、お前、まだ彼が鼻洟
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
山は氣味で、吹す風が強かつた。道ばたの蕎麥の畑から山鳩が飛んだ。友達は直に身構へた。銃聲が山に響いてこだました。傷ついた鳩は少しさきの豆畑に落ちた。
山を想ふ (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
「きやつはいずれされることになるであろう。磯五自身のためにも、みなのためにも、彼男は一日も早く殺したがよい」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
それは勿論彼娘だッて口へ出してこそ言わないが何んでも来年の春を楽しみにしているらしいから、今唐突に免職になッたと聞いたら定めて落胆するだろう。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
其翌日惣内に騙取せしを控居る藤八がらひにて金子はらず取し候間先妻里の不埓はあれども親類中故右金子の中を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何だとてへゆけば、まあ此処へお座りなさいと手を取りて、あの水菓子屋で桃を買ふ子がござんしよ、可愛らしき四つばかりの、彼子先刻の人のでござんす
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
今の心のを察するに、えば酒に酔ッた如くで、気はていても、心は妙にんでいるゆえ、見る程の物聞く程の事が眼や耳やへ入ッても底の認識までは届かず
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
集めて相談しける中長兵衞心付き彼のを猫にせてしけるに何の事もなければ是には何か樣子べし我又致方隨分油斷べからずとて又七を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
万葉歌の中にはスミレが出ているから、歌人はこれに関心を持っていたことがわかる。すなわちその歌は、「春のにすみれみにとぞ、をなつかしみ一夜宿にける」
植物知識 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)
彼品はトレード製の極上品なんだ。解剖刀よりも切れるんだから無くなると危険いんだ。鞘に納めとかなくちゃ……」
二重心臓 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
から、彼所から牛込見附へ懸ッて、腹の屈托を口へ出して、折々往来の人を驚かしながら、いつ来るともなく番町へ来て、例の教師の家を訪問てみた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
大勘定とて此夜あるほどのをまとめて封印あり、御新造それ/\として、先程屋根やの太郎貸付のもどり彼金が二十御座りました、お
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
時ならずして、も亦近づく暴風先驅
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
願ったりったりで、この上もない結構な事でございますが、ただ彼人に困りますので。一さんは宗近家を御襲ぎになる大事な身体でいらっしゃる。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
足柄彼面此面のかなるしづみく 〔巻十四・三三六一〕 東歌
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
文覺荒法師は、佐渡される船路で、暴風雨つたが、船頭水夫共へてぐにも頓着なく、なりにそべつて、高鼾ぢや。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
は小説家だからに医学を談ずるには足らないと云い、予が官職を以て相対する人は、他は小説家だから重事をするには足らないと云って、暗々裡に我進歩を
鴎外漁史とは誰ぞ (新字新仮名) / 森鴎外(著)
なるやきみを。
新頌 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
「あヽ、那女だ……」と由三の胸は急にさざめき立った。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
阿礼の口述を筆録した筈の大安麻呂の古事記においては、国号の場合にも、また大和一国の場合にも、同じヤマトの語に対して、旧に依りて「倭」の字を用い
国号の由来 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
夫人の変態性がこの手紙を書かせ、夫との夜の秘事に異常な刺戟を与えたというのでした。——私のは、最後にこんなことをいたことを覚えています。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ここへ倅が帰って来ると不可ませんから……。彼児は正直者ですから、から嫌疑を受けて家捜しをされたなどと聞くと、必然るに相違ありませんから……。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
毎度馬をみて、向島を廻って上野の方にて来るとき、何でも土手のような処を通りながら、アヽ彼処が吉原かと心付て、ソレではこのまゝ馬にて吉原見物をようじゃないかと云出したら
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
天皇は、當時諸家に傳わつていた帝紀と本辭とが、誤謬が多くなり正しい傳えを失しているとされ、これを正して後世に傳えようとして、稗田阿禮に命じてこれを誦み習わしめた。
古事記:04 解説 (旧字新仮名) / 武田祐吉(著)
の片身に田舎へ連れて帰らしておもらい申しますわね。」と、姑も言い出した。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
東京で早くこんな店でも出すようにならなけア……。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
カピ長 いや、るものはるゝ。みをし、一粒だけった種子此土もしいは彼兒ばかりでござる。さりながら、パリスどの、言寄ってをばかしめされ。
いや彼塔を作った十兵衛というはなんとえらいものではござらぬか、あの塔倒れたら生きてはいぬ覚悟であったそうな、すでのことにんで十六間真逆しまに飛ぶところ、欄干をこう踏み
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
『三、四年振りでしたねえ。矢つ張りずつと彼時から東京でしたか?』私は言つた。
我等の一団と彼 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
『何だい彼物は、昌作さん?』と信吾が訊く。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
其の中に戸外で狗の吠える聲を聞くと、アゝ彼の狗は非常に上手に鴫狩りをする。彼犬を連れて伯父の鳥銃を持ち出して、今度の日曜は柏から手賀沼附近を渉獵して見たい。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
灰を被ったような古いクロムウェル街の家並は、荒廃きって、且つ蜿々と長く続いている。
P丘の殺人事件 (新字新仮名) / 松本泰(著)
「貧乏のせいか何んだか、その平一郎の一人前になる日に会われないような気がしきりにしましてね」
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)
「それはもうそうでしょうともね。わたしもそういう気のするときはもう何度あったかもしれないけれど、しかしわたしにはまあ、平一郎がいたものだからどうにかやっては来たものの——」
地上:地に潜むもの (新字新仮名) / 島田清次郎(著)
この歌は宮人曲二三なり。かく歌ひまゐ來て、白さく、「天皇の御子二四同母兄の御子をなせたまひそ。もし殺せたまはば、かならず人はむ。捕へて獻らむ」
最後に來ましし大穴牟遲の神、その菟を見て、「何とかも汝が泣き伏せる」とのりたまひしに、菟答へて言さく「淤岐の島にありて、このに度らまくほりすれども、度らむなかりしかば、 ...
、恆は海道を通して、通はむと思ひき。然れども吾が形を伺見たまひしが、いとしきこと」とまをして、すなはち海坂きて、返り入りたまひき。
ここにの神の女豐玉毘賣の命、みづからまゐ出て白さく、「すでに妊めるを、今む時になりぬ。こを念ふに、天つ神の御子、海原に生みまつるべきにあらず、かれまゐ出きつ」
一首の意は、今、参河の安礼のところをぎめぐって行った、あの舟棚の無い小さい舟は、いったい何処にるのか知らん、というのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
いづくにか船泊すらむ安礼こぎきし棚無小舟 〔巻一・五八〕 高市黒人
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
働き恐れ入り奉つる何卒彼方へ入らせらるゝ樣にとを明れば上段に錦のを敷前には簾を垂て天一坊が座を設たりて赤川大膳を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其後又々評定所の白洲をかれ以前の如く老中方め諸役人出座ありし時縁側へたる遠州榛原郡上新田村禪宗無量庵大源和尚み出彼方に罷仕る九郎兵衞と申者と何卒愚僧掛合
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
花里とても素人じゃアなし、多くのお客に肌身をゆるし可愛のすべッたのと云う娼妓だ、いくらあゝ立派な口をきゝ、飽まで己らに情をたてると云ってゝも
あれもいや/\海上に連れられてく、イヤ/\仮令つれられて行けばとて無事でいる気遣いはない、花里の性質はよッく知っているが、己らを袖にして生きてはいぬ、が
人形がおままごとに参加したのは、遠い対馬阿連村の例はあるが、一般にはずっと新しいことで、今ある姉様遊びに伴うてひろまったものらしい。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そういう中でも特色のあるのは対馬阿連村などに行なわれているという盆の十四日のボンドコであって、トコというのがやはり釜壇のことであった。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
一郎は私の妹の子に相違御座いません。眼鼻立ちが母親に生きうつしで、声までが私共の父親にそっくりで御座います。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
だってお団十郎だって、高田さんにそういったってじゃねえか、九女八が男だと、対手にして好い役者だって——だから、お前が、女に生れたってことが
市川九女八 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ちん/\の御立腹とは違って、お顔の色が変ったと思うと、鼻の先でぴか/\サクーリは驚きました、ヘイ、私は始めて人殺を見ました、ヌーッというと血がブーッと吹き出しました
「いろいろ御親切に——ありがとうございます。も一度はお目にかかってお礼を申さなければならぬと、そう言い言いいたしておりましたのですが——お目にかかりまして本望でございましょう」
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「わっしはまた、旦那が密書を読んでるのや、阿波の噂をしていたのを、あいつらが聞きめたのかと思って、すッかりを冷やしてしまいましたよ」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「決ってらあな。伊兵衛は八百駒へ行ってて先でになって借りて来たんだ。杖は荷になると見て預けて出た——どうでえ。」
「久しぶりじゃ、ちと庫裡へ。——渋茶なと進ぜよう。」
夫人利生記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
(おのれ、不義もの……人畜生。)と代官婆が土蜘蛛のようにのさばり込んで、(やい、……動くな、そのを一寸でも動いてすと——鉄砲だぞよ、弾丸だぞよ。)
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
同じ下宿するなら、遠方がよいというので、本郷辺へッて尋ねてみたが、どうも無かッた。から、彼地から小石川へ下りて、其処此処尋廻るうちに、ふと水道町で一軒見当てた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
彼壺はもうとうのむかしに、司馬道場に婿入りする源三郎の引出ものとして、江戸へ持たしてやってしまった!
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
何でも彼嶺さえ越せばと思って、前の月のある朝折檻されたあげくに、ただ一人思い切って上りかけたのであった。
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
何か知らんと思いまして同行の人に尋ねますと、彼望
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「だが待てよ、あの高札が惑信の本尊じゃあねえかな。と、彼札あ誰が建てた? それに、それに、この御呪文は女筆だぞ。ううむ、恨むか、燃えるか、執念の業火だ、いや、こりゃあいかさま無理もねえて。」
早速何かといって尋ねますと彼獣はチベット語に「ドンヤク」とて山ヤクという非常に恐ろしいもので大きさは通常のヤクの二倍半あるいは三倍、背の高さはおよそ七、しかし象ほどはない。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
思い出しました。彼船はタイタニックです。先刻、前の見張りのグロウブスさんがそう言っていました。何でも、宵の口にエヴァンスが氷山の警告を
運命のSOS (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
ひ、彼處ゆる白色巡洋艦、あれは何國軍艦で、何處から何處しての航海中かはらぬが、一應かのけをめては如何だらう。
彼衣を取っておくれよ」
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殊に下顎と上顎から二本ずつ曲った美しい牙が出て居る。で麝香にあるというような説がありますけれどもそうではなく、彼香は陰部即ち睪丸のうしろにれ上って付いて居るです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
「どうでしょうか、昨日の指環は」
かんかん虫は唄う (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ああああ、うまうまと入ったわ——女の学校じゃと云うに。いや、この構えは、さながら二の丸の御守殿とあるものを、さりとてはしい。じゃが、女に逢うには服礼利益かい。袴に、洋服よ。」
白金之絵図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
遼邈之地未だ王沢はず、遂にに君有り、有り、各自を分ちて、て相凌躒ふ。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
心細いから、欽吾があのまま押し通す料簡なら、藤尾に養子でもして掛かるよりほかに致し方がございません。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
有繋渠女は約束の妻とも云ひかねて当座のがれの安請合をしたが其後間もなく御当人が第一に失恋を歌ふやうになつてからはプイと何所へか隠れて了つた。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
「明日の演説會に差支えるから、我ん張らう。」
一九二八年三月十五日 (旧字旧仮名) / 小林多喜二(著)
福助がもう来ます時分、ここにいらっしゃると見落しますよ。」
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「私は丸で英子のことは構わないでいるものですから、どういう気持ちでいるのだかさっぱり分りませんが、でも此の節は始終橋本さんをお訪ねしているようです。」
運命のままに (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
折々、ひどい荒天の日など、妹たちは彼を引き止めようとすることもあつた。その時、彼は一種特別なを浮かべながら、快活といふよりも、寧ろ嚴肅にかう云つた——
藤尾も実は可哀想だからね。そう云わずに、どうかしてやって下さい」と云う。甲野さんはを立てて、手の平でを抑えた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「ヘエ! そんな言葉があったのかね。じゃ私も八重ちゃんの洋傘でも盗んでドロンしちゃおうかなア。」
放浪記(初出) (新字新仮名) / 林芙美子(著)
ドーブレクは連判状を持っていてこそ、力もありますが、あれがなくてはドーブレクの存在がございません。その時、その時こそドーブレクが、哀れな姿となって自滅します。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)
『ア、那家が小川のですね。』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
『僕は貴女に然う言はれると、心苦しいです。誰だつての際の場処に居たら、那麽位の事をするのは普通ぢやありませんか?』
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
(おのれ、不義もの……人畜生。)と代官婆が土蜘蛛のようにのさばり込んで、(やい、……動くな、そのを一寸でも動いてすと——鉄砲だぞよ、弾丸だぞよ。)
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
薪に油をぐは罪、鹿子鹿子でも、その親に、受けた恩義は捨てられぬ。はて困つた、三合の、小糠はなぜに持たなんだと、思はず漏らす溜め息に。ヘヘヘヘヘ旦那御退屈でござりませう。
したゆく水 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)