ドグラ・マグラ
巻頭歌 胎児よ 胎児よ 何故躍る 母親の心がわかって おそろしいのか …………ブウウ——————ンンン——————ンンンン………………。 私がウスウスと眼を覚ました時、こうした蜜蜂の唸るような音は、まだ、その弾力の深い余韻を、私の耳の穴の中 …
作品に特徴的な語句
いく けん 真実ほんもの くう やわ あっ やむ 端折から くや 衝突ぶっつか すく とど 家中うち あき 先刻さいぜん 執拗しつこい ゆく なら おや いき 利益もうけ やや ひめ いま 高尚こうと すくな あけ 柔和すなお ゆびざ 技術しごと あや 薄明ほのあか 修繕つくろい ひら たら 表面うわつら 痴呆バカ 由縁ゆうえん 身振ゼスチュア 容貌かおかたち なん たん すがた がさ しら まじわ 形相けいそう 突立つったっ 真実ほんま 須臾たちまち 洋傘コウモリ 絶頂クライマクス 前兆まえおき さえざ かん たとえ きお メス かろう がさね 繊細かよわ じょ うわ ぱし 歔欷すす くゆら シチー 蹌踉ひょろひょろ 内部ようす だる 仕舞じま 僧侶ぼうず いまし 宣言プロパガンダ 義母っか 何方いずかた 孩児あかんぼ 遺骸からだ たず 他所はた はじ