ドグラ・マグラ
巻頭歌 胎児よ 胎児よ 何故躍る 母親の心がわかって おそろしいのか …………ブウウ――――――ンンン――――――ンンンン………………。 私がウスウスと眼を覚ました時、こうした蜜蜂の唸るような音は、ま …
作品に特徴的な語句
木乃伊みいら 欄間らんま 真物ほんもの 稍々やや 愚弄ぐろう 緻密ちみつ 裸足はだし 敵愾心てきがいしん 香具師やし 伯林ベルリン 凄味すごみ 幾個いくつ 海月くらげ 喘息ぜんそく 従妹いとこ 人魂ひとだま 手古摺てこず 一期いちご 千切ちぎ よし 闡明せんめい 閻魔えんま 畢生ひっせい 拳固げんこ 雇人やといにん 扱帯しごき 開闢かいびゃく 袖口そでぐち 供養くよう あさひ 櫛巻くしま 烏滸おこ 音沙汰おとさた 胡麻化ごまか 度毎たびごと 浪花節なにわぶし 造詣ぞうけい 閑暇ひま 黴菌ばいきん 章魚たこ 護謨ゴム 伽話とぎばなし 布子ぬのこ 胡麻塩ごましお 後家ごけ 内輪うちわ 淋漓りんり 蛆虫うじむし 人非人にんぴにん 掃溜はきだめ 炯眼けいがん 緋縮緬ひぢりめん 蜜蜂みつばち 震駭しんがい ぬか 生木なまき 凄惨むご 権柄けんぺい 胡座あぐら 八釜やかま 度胆どぎも 香奠こうでん やく 有耶無耶うやむや 白髪頭しらがあたま 途絶とだ 香華こうげ 馬士まご 渾身こんしん 致方いたしかた 白髯はくぜん 御仁おひと 木魂こだま 玲瓏れいろう 稀代きたい 立竦たちすく うず 沙魚はぜ 真逆様まっさかさま 鎧戸よろいど 咳払せきばら 屍体したい 愛宕あたご 清楚せいそ 奇特きどく 生血なまち はた 森閑しんかん 轟然ごうぜん 他愛たあい 御手おんて 端書はがき 三途さんず 昏々こんこん 気振けぶり 相俟あいま 詮方せんかた 拳骨げんこつ