“宣言”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんげん38.5%
せんこく15.4%
おほ7.7%
ことば7.7%
センゲン7.7%
プロパガンダ7.7%
マニフェスト7.7%
メッセイジ7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのときからの欠勤けっきんだった。休むと宣言せんげんしたとき、だれよりも心配そうな顔をしたのがやはり早苗だったことなど思いだし、六年前の写真をとりだしてみた。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
なぜならば、少しもそれらの運動うんどう宣言せんこく共鳴きようめいを感ずることが出來ませんでしたから。ひそかに自分達じぶんたちの考へはもうふるいのだろうとうなづきました。さうしてその舊さに滿足まんぞくを感じ、光榮くわうえいを感じました。
冬を迎へようとして (旧字旧仮名) / 水野仙子(著)
たッた一をでも宣言おほせられたならば、小生それがし滿足まんぞくいたす。たゞ嗚呼あゝ」とだけさけばっしゃい、たッた一言ひとことラヴとか、ダヴとか宣言おほせられい。
嚴罰げんばつおそるゝならば、その血腥ちなまぐさから兇暴きょうばうけんなげうち、いかれる領主りゃうしゅ宣言ことばけ。
銘記メイキセヨ ツテ梁党リョウトウ宣言センゲンニシテ 必ズオコナワザルハ無キ事ヲ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ホントウに解放された青天井の人間になれ……という宣言プロパガンダを、新生アラキのまま民衆にタタキ付けたのが基督キリストで、オブラートに包んでほうり出したのが孔子で、おいしいお菓子に仕込んで
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
馬鹿な宣言マニフェストをしたもんだと弱っていると、サイレンが鳴って頭の真上へ艦載機がのしかかってきた。
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そして、このグルストン街の角で、犯人はあの、有名な「殺人鬼ジャックの宣言メッセイジ」をそこの壁へ白墨はくぼくで書いたのである。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)