うすゆき抄うすゆきしょう
寛文本、仮名草紙の「薄雪物語」では、園部左衛門が清水寺で薄雪姫という美女に逢い、恋文を送って本意をとげたが、愛人に死なれて無情を感じ、高野山に入って蓮生法師になる。操浄瑠璃の「新薄雪」は文耕堂が時代世話にこしらえ、道行の枕に「旅立に日の吉凶 …
作品に特徴的な語句
うと いう 渋面にがづら かい まき 遊行ゆうぎょう もつ さが 使者つかいのもの 白痴うつけ 上端うわば しも 蟋蟀いとど 悪魔でもん よみ たかぶ こか にび はな 宣言なのり こや くら 白々しらしら 狭田せばだ 出抜すっぱ 斜面なぞえ ほう おおち 香具かく 側目そばめ 先月あとつき 冷々れいれい りき くい 火繩ほくち 法体ほうたい 夜討ほそり 大人うし 水子かこ ばこ 守札おまもり どん しき はか かど 所為しょい 船溜ふなだめ 蓮生れんじょう ぐすり 文様あや やに なり 諷刺あてこすり はじ 谷戸やど さか 森端もりはな 逆上のぼせ くび 寝呆ねほう 上乗うわのり チョン 癩者かたい かこい ちち から 稚顔ちがお 吉凶よしあし さむらい しら おり 家司けし けだもの 頽廃くずれ 石女うまずめ 鼻稜はなすじ 痴者しれもの 船澗ふなま 発条ばね 自持じも 眼端めはし 端物はもの 老骨ろうこつ つか 竜興たつおき 納屋なや 結節けっせつ ひじり