“獲”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
52.5%
30.2%
13.7%
えもの1.6%
1.2%
あさ0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空想文学に対する倦厭の情と、実生活からた多少の経験とは、やがて私しにもその新らしい運動の精神を享入れることを得しめた。
弓町より (新字新仮名) / 石川啄木(著)
横浜本牧あたりでれたまきえびを、生醤油に酒を三割ばかり割った汁で、弱火にかけ、二時間ほどげのつかないように煮つめる。
車蝦の茶漬け (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
すべてべからず、えば沙を圧して油をめ、水をって酥を求むるがごとく、既に得べからずいたずらに自ら労苦すとある。
その夢は早晩醒むべし。トロアスの黒き蟻の群の如くを載せて岸に達せば、その夢いかでか醒めざることを得ん。
二三年前、O市に水産共進会があって、その際、金牌ち得たこの金魚の名品が試験所に寄附されて、大事に育てられているのだ。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しかしまだ直ぐには取りかかれないので、さらにドイルの作をって、かのラスト・ギャリーや、グリーン・フラダや、爐畔物語や、それらの短篇集を片っ端から読み始めました。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
左右のにてたる尊き勝利のしるしとして彼を天の一におくは、げにふさはしき事なりき 一二一—一二三
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)