“享入”の読み方と例文
読み方割合
うけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
空想文学に対する倦厭の情と、実生活からた多少の経験とは、やがて私しにもその新らしい運動の精神を享入れることを得しめた。
弓町より (新字新仮名) / 石川啄木(著)
空想文学に対する倦厭の情と、実際生活から獲た多少の経験とは、やがて私にも其の新らしい運動の精神を享入れる事を得しめた。
弓町より (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
同じ見方から、「我々近代人は」というのを「我々性急な者共は」と解した方がその人の言わんとするところの内容を比較的正確にかつ容易に享入れ得る場合が少くない。
性急な思想 (新字新仮名) / 石川啄木(著)