“享年”の読み方と例文
読み方割合
きょうねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
も……郷と化け物は見たことがない、と人が言いますからな。松倉郷の義弘は享年僅か二十七で亡くなりました、天成の名人でございます、玄人は正宗以上だと申しますよ。
大菩薩峠:27 鈴慕の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
蕪村もと名利を厭ひ聞達を求めず、しかれども俳人として彼が名誉は次第に四方雅客の間に伝称せらるるに至りたり。天明三年十二月廿四日夜歿し、亡骸は洛東金福寺に葬る。享年六十八。
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
寛永九年十二月九日御先代妙解院殿忠利公肥後へ御入国遊ばされ候時、景一も御供いたし候。十八年三月十七日に妙解院殿卒去遊ばされ、次いで九月二日景一も病死いたし候。享年八十四歳に候。
興津弥五右衛門の遺書 (新字新仮名) / 森鴎外(著)