俳人蕪村はいじんぶそん
芭蕉新に俳句界を開きしよりここに二百年、その間出づる所の俳人少からず。あるいは芭蕉を祖述し、あるいは檀林を主張し、あるいは別に門戸を開く。しかれどもその芭蕉を尊崇するに至りては衆口一斉に出づるが如く、檀林等流派を異にする者もなほ芭蕉を排斥せ …
作品に特徴的な語句
おいけ ゆう そむい かたん こうば ほる みじこう みずから ゆく こたえて もる いわんや いる まじわ よっ とる この 魚屋うおや いず くみ 河童かわたろ うつ おそ うご くい ここ ただち あきらか かん すなわち とうと しも ちいさ ちっ ここ ふなよそい かく よぶ あやう おさ かい かりそめ 行々ゆきゆく 出代でかわり いで てい 黄昏こうこん 見様みるよう よく いわく つばくら もって かけ なんな 在処ありどころ すぎ かろ 田舎でんしゃ ふたつ すみ いたっ いい しに まつ 紀路きのじ 夜半よわ だい 大勢たいせい いお さが こう われ いやし いやし 太夫だゆう へん 行々ゆきゆき かん かぎ いも あらわ かえりみ ほまれ くるし しょう つまびらか
題名が同じ作品
俳人蕪村 (新字新仮名)正岡子規 (著)