“妹”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いもうと36.9%
いもと33.5%
いも24.1%
イモ2.0%
まい1.0%
いもご0.5%
いろも0.5%
これ0.5%
0.5%
オナリ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、東京奉公にくるときに、さんはなにをってやろうかとえました。二人れてしまわなければなりません。
赤いえり巻き (新字新仮名) / 小川未明(著)
ところが日清戦争、連戦連勝、軍隊万歳、軍人でなければ夜も日も明けぬお目出度いこととなって、そして自分の母ととが堕落した。
酒中日記 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
かれ高木の入日賣の御子、額田大中日子の命、次に大山守の命、次に伊奢の眞若の命、次に大原の郎女、次に高目の郎女五柱。
石龍比古命、石龍比売命と二神、川の水を相競い、妋神は北方越部村に流さんと欲し、妹神は南方泉村に流さんと欲す。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)
「予にして加藤の二のいづれを取らんやといへば、むしろしげ子を。温順にしてに富めるしげ子を」をさなき教へ子を恋人にする小学教師のことなど思ひ出して微笑み申し候。
田舎教師 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
そのは五年以前、飯田町にを構えている同じ旗下で何某隼人(この家は今も残っているから、姓だけは憚る)という人のへ縁付き、児まで儲けて睦じく暮らしていたが
お住の霊 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
ここに沙本毘古の王、謀りて曰はく、「まことにを愛しと思ほさば、吾と汝と天の下治らさむとす」といひて、すなはち八鹽折紐小刀を作りて、そのに授けて曰はく
「どんなお子さまでしょうと毎日お噂をしていたんでございますよ。それにどうしましょう、こんなにお可愛くて——が今日こそ行って見ましょうときかないんでございますよ。」
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
いづくより 来ませし仏か 敷島の 大和の国に して 千年へにける けふ日まで 微笑たまふなり 床しくも 立ちたまふなり ほのぼのと 見とれてあれば 長き日に 思ひ積みこし さり 安けくなりぬ 草枕 旅のおもひぞ ふるさとの わぎに告げむ 青によし 奈良の都ゆ 玉づさの 文しおくらむ 朝戸出の 旅の門出に 送りこし わがみどりも 花咲ける 乙女とならば 友禅の 振袖着せて 率ゐ行かむぞ このみ仏に
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
沖縄に於ては、をがみ・巫女をがみ・をがみ・をがみ等の形を残して居る。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)