“妹弟”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうだい75.0%
きやうだい25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“妹弟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「あ、ありがとう存じます……、これさえあれば、心がかりな妹弟きょうだいたちを救ってやれます上に、お綱も生れ代りまする」
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お綱はそこで、弦之丞と万吉に別れた。がんぜない妹弟きょうだいたちを得心させた上、後からきっと一月寺へお訪ねします――と固く誓って。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
四人の兵隊は、みんな一人づつ、妹弟きやうだいの子で、三人が三人の妹の、一人は弟の息子。一人の妹が二人の男の子をもつだけで、どうしたことかあとはみんな一粒だねである。
四人の兵隊 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)