“きやうだい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
姉妹27.5%
同胞24.2%
兄弟16.5%
兄妹15.4%
姉弟8.8%
鏡臺3.3%
妹弟1.1%
弟妹1.1%
強大1.1%
鏡台1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、丘の上で、大勢の子供がふ唄が聞えました。二人の姉妹は、急に悲しくなつて、わツと地べたへ泣き伏してしまひました。
仲のわるい姉妹 (新字旧仮名) / 野口雨情(著)
四人の同胞、総領の母だけが女で、残余は皆男。長男も次男も、不幸な事には皆二十五六で早世して、末ツ子の源作叔父が家督を継いだ。
刑余の叔父 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
宗助小六には、まだ二人まつてゐたが、れも早世して仕舞つたので、兄弟とはひながら、つてゐる。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
當時れた虎杖に、兄妹がくらして、若主人は、町中或會社めてると、番頭してくれました。一昨年なのです。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
兩親に早く死別れてつた二人の姉弟ですから互に力にして居たのが今では別れ/\になつて生死さへ分らんやうになりました。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
鏡臺や化粧道具がつて居て、まるで若い女の部屋のやうですが、昨夜受取つた手紙は言ふ迄もなく、手掛りになりさうなものは一つも無かつたのです。
四人の兵隊は、みんな一人づつ、妹弟の子で、三人が三人の妹の、一人は弟の息子。一人の妹が二人の男の子をもつだけで、どうしたことかあとはみんな一粒だねである。
四人の兵隊 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
不幸は斯の屋根の下にもお志保を待受けて居た。来て見ると、もう継母も、異母弟妹も居なかつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
彼等最初んだ強大牽引力永久彼等たない。彼等到底しみさねばならぬ運命つてるのである。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
いかほど抱主歩割られても、自分一人では使れないくらいで、三年季けるには鏡台箪笥つてゐたし、郵便局貯金以上になつてゐたが、るべきがないので
吾妻橋 (新字旧仮名) / 永井荷風永井壮吉(著)