“彼等”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かれら88.7%
あれら3.8%
あすこ1.9%
あちら1.9%
あつら1.9%
きゃつら1.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ハヾトフは其間何故した、さツさと六號室這入つてつたが、ニキタは雜具から起上つて、彼等をする。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
「いえ、だから俺は何事も言わん積りサ——彼等が好いように為て貰ってるサ——」
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
はい彼等で六を取つて、どうやらうやらしてりましたが、今度此処停車場出来るにて、茶屋を出したらからうといふ人のめにせて、茶屋を始めましたが
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼等はお前様、昨夜は夜祭を見ね行くし、明日は角力に行かんならんさかい。」
恭三の父 (新字新仮名) / 加能作次郎(著)
でがすから、わしがに相違ありあんせん、彼等がなんなに出來つこねえんですから、それ證據にや屹度自分のがなでもつちやねえからさつせ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
それも彼奴等の癖だからまアえわ、辛棒出来んのは高山や長谷川の奴らの様子だ、オイ細川、彼等全然でだめだぞ、大津と同じことだぞ、生意気で猪小才で高慢な顔をして
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)