六号室ろくごうしつ
町立病院の庭の内、牛蒡、蕁草、野麻などの簇り茂つてる邊に、小やかなる別室の一棟がある。屋根のブリキ板は錆びて、烟突は半破れ、玄關の階段は紛堊が剥がれて、朽ちて、雜草さへのび/\と。正面は本院に向ひ、後 …
作品に特徴的な語句
御機嫌ごきげん 緻密ちみつ 近頃ちかごろ 始末しまつ 鵜呑うのみ 嘆息たんそく 其時そのとき 耳許みゝもと 野良のら 是等これら 近寄ちかよ 山羊やぎ 人非人ひとでなし 冷汗ひやあせ 熱心ねつしん 繰返くりかへ ひろ 手足てあし 途絶とだ のこ 成行なりゆき さて 路次ろじ 見渡みわた そり 建物たてもの 半年はんとし 牛蒡ごばう 面倒めんだう 場合ばあひ 口笛くちぶえ 含蓄がんちく むし 紙屑かみくづ 額縁がくぶち 詮方せんかた 貴君あなた 世話せわ 人物じんぶつ 疼痛とうつう 親切しんせつ 陋劣ろうれつ 片手かたて 猶更なほさら 其日そのひ 堅固けんご 情誼じやうぎ 椋鳥むくどり 身體からだ 友誼いうぎ 此度こんど 立塞たちふさが 御存ごぞん 放逐はうちく きん 氣障きざ かね 鹽梅あんばい 實際じつさい 苦痛くつう 途切とぎ 現今げんこん だま 太息といき 苛酷かこく 心得こゝろえ 起臥きぐわ 退屈たいくつ 仕置しおき 書付かきつけ 死人しにん 生甲斐いきがひ くるぶし いなづま 或時あるとき 綜合そうがふ えび など こよみ 毎月まいげつ 緑色みどりいろ 長靴ながぐつ 足音あしおと 手紙てがみ 二個ふたつ 其他そのた 文句もんく 用事ようじ 人達ひとたち 其人そのひと 意識いしき 海岸かいがん 烟管きせる 臆病者おくびやうもの 夕方ゆふがた ぬま
題名が同じ作品
六号室 (新字新仮名)アントン・チェーホフ (著)