六号室ろくごうしつ
町立病院の庭の内、牛蒡、蕁草、野麻などの簇り茂つてる邊に、小やかなる別室の一棟がある。屋根のブリキ板は錆びて、烟突は半破れ、玄關の階段は紛堊が剥がれて、朽ちて、雜草さへのび/\と。正面は本院に向ひ、後方は茫廣とした野良に臨んで、釘を立てた鼠 …
作品に特徴的な語句
退 しやべ ほつ ゝれ くひしば おほ せゐ につ さつ しかし いさゝか もと きはみ いぶり せめ 所有もつ きはま しやう ぢゆう しきり さゝ 悉皆のこらず もを たゞち ちよつ いつ むかふ うづま 始終ふだん 日中にちゞゆう ぢき 突掛つツか をはり はん しやが 敏捷てきぱき 日中にちぢゆう 片端かたツぱし とゞま いひ てら はづか しづま いなや 始終しゞゆう たい 微笑びせう あはれめ やが こつぷ つい しゆう 訪問たづ つひ 頭上かしらのうへ そこで したゝ 全然まる だし 同胞どうばう くは よも 少時すこし 後方こうはう かゝ おそろし 恐怖おそる ぱう あたゝか うま なほ しゆく ちゞめ ぎやう ねがは かう 高尚こうしやう おろ 交際かうさい さきだ くわ いえ やはら おほい 大食おほぐ ほのか はづか あた あく あら きまり 此方このかた
題名が同じ作品
六号室 (新字新仮名)アントン・チェーホフ (著)