“遇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
75.2%
ぐう8.2%
4.1%
あしら4.1%
あひ0.9%
あっ0.9%
あつか0.9%
あへ0.6%
あふ0.6%
あし0.6%
たま0.6%
あは0.3%
0.3%
0.3%
あい0.3%
あお0.3%
あつ0.3%
あわ0.3%
たまた0.3%
もて0.3%
グウ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
看護れぬ、雪子りぬ、きのふも植村ひしとひ、今日植村ひたりとふ、てゝ姿るばかり
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
せしこと小千谷北越一市会商家鱗次として百物ざることなし。る事に七里ゆゑに魚類しからず。
家来は、をしたので、は、けて、頭髪は、や、に、たびたびうたことをわせるように、びてれていました。
珍しい酒もり (新字新仮名) / 小川未明(著)
『暑いでせう外は。先刻から眠くなつて/\為様のないところだつたの。』と富江は椅子を薦める。年下の弟でもふ様な素振だ。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
丹後の人此国のをいづれば風雨たちまちやむゆゑに、丹後の人や居るとすなりといへりと。南𧮾子此事にたりとて記せり。
書生を懲らしめる酒の話はらもあるが、安政二年の春、始めて長崎から出て緒方の塾に入門したその即日に、在塾の一書生が始めて私にうには
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
が、部下のやうにふにもらず、院長アンドレイ、エヒミチりは、教育があり、高尚つてゐると、してゐた。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
其角は此時和泉のといふ所にありしが、翁大坂にときゝて病ともしらずして十日に来り十二日の臨終り、奇遇といふべし。
正月三日はもとより雪道なれども十里廿里より来りて此佐に一宿し、此堂押人もあれば近村はいふもさらなり。*11
『暑いでせう外は。先刻から眠くなつて/\爲樣のないところだつたの。』と富江は椅子をめる。年下の弟でもらふ樣な素振りだ。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
この有名なるめる友人のお蔭で、そのに出入しては、自分の財布に相談してはいつになっても得られないような御馳走にありついたり、には独り身の鬱血を払うために
振動魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
願ひ上ますと慇懃に申ければ下役人點頭夫は案じるな囚人は大切に致さねばぬことはからも再應の有儀なり併し今せた事は他へ云まいぞと徐々九助を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
。……ッテ開ク、とあるではないか。すでにの神仙は、今日、がこれへ参るのを、予言いたしておったのだ。いやだと申す者は、素首をぶった斬るぞ
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
むかし、九天玄女の夢告をうけたとき宿ウテ喜ブ——という一語をたしか聞いている。これかもしれない? 彼と呉用とはそれッと船を少し進めさせて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
時々、胸襟を開いて話をしては馬鹿を見る、度々「お前もか」というような目にて、失望することが多い。要するに吾々日本人は、人格なるものを認知し得ないのではなかろうか。
人格を認知せざる国民 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
山「実に此処でうとはなア、兼公、半公もおに逢いてえだろうが出られねえ首尾で、今日は漸く暇を貰って出て来たが、直ぐおへもけねえというのは何分世間をる訳で」
ところが五年目に突然手紙、何事かと驚いて読みすと意味は——お別れしてから種々の運命今は男と夫婦同様になつて居る
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
後自分は此男にないのである。
運命論者 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
ま一世にもてはやされて、多く喝采せられ多く反響せられしものゝみ、天上の星の如く、歴史の長江を飾る者となりて、文学史と人名辞書に其名を止む。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
身姿の立派だけ厚くなさるゝ訳なればも賢き男なるかな
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
「……林ニウテ起リ、山ニウテ富ミ、水ニウテリ、ウテマラム。……四ノ変転ハ身ニ持テル宿星ノナリ。魯智深、まずは生きるままに生き、行くがままに行け」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)