振動魔しんどうま
僕はこれから先ず、友人柿丘秋郎が企てた世にも奇怪きわまる実験について述べようと思う。 柿丘秋郎と云ったのでは、読者は一向興味を覚えないだろうと思うが、これは無論、僕が仮りにつけた変名であって、もしもその本名を此処に真正直に書きたてるならば、 …
作品に特徴的な語句
ねたま たま たん おか たい とっ つぶ 呆然あぜん ひろま 饒舌しゃべり もうし 思召ぼしめ 比喩たと 鍍金ときん 言及げんきゅう 黄金おうごん 言訳いいわ つかみ 置換ちかん ぱら つか くわだ しょう 顔触かおぶ 音色おんしょく はが きわ 危機ピンチ なか そう 妙齢みょうれい 妖花ようか ぬぐ 失敗しま 大口おおぐち 血溜ちたま 美酒びしゅ 空洞くうどう 晩秋ばんしゅう 暗闇やみ たいら 蒼白そうはく むつま ほがら 呉子くれこ ほうむ 相応ふさ 一葉いちよう じょう 中空ちゅうくう 深情しんじょう よし じょう 鮮血せんけつ あらかじ 海辺かいへん 交際つきあい 珠玉しゅぎょく あお 生霊せいれい かかわ しか 閑暇かんか 真昼まっぴる あば おう いと きずつ よこ 面色かおいろ 手帛ハンカチ みずか 胎児たいじ つづ おく 縁側えんがわ かん かか 胡坐あぐら 背任はいにん たね 膝頭ひざがしら そむ