“双”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
なら20.8%
ふた18.8%
そう18.8%
ならび7.3%
ふたつ7.3%
さう6.3%
もろ6.3%
ならべ3.1%
そろ3.1%
すご2.1%
くら1.0%
1.0%
ソウ1.0%
タグ1.0%
ナラビ1.0%
モロ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に数筆を塗抹した泥画の寸紙の中にも芸衛的詩趣が横溢している。造詣の深さと創造の力とは誠に近世にびない妙手であった。
うれしいっ、と叫んだのも、その面も、つの袖でつつんでしまった。そして、高氏の胸へ、仆れかかるように寄って来た。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、外套の袖口と、膝の処が泥だらけになりおれども、顔面には何等苦悶のなく、明け放ちたる入りる冷風に吹かれおり。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
のさる法師の家にいて、小右京さまと共に、誰やら申す元お公卿の僧を、懸命に毎日さがし歩いているとのことでございましたが」
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
前日るゝ飴色小蝦を、ちよろ/\とつた——真黒蠑螈ながら、こゝにんぬる。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
つて、かにを、多勢暗中摸索して、か、か、か、か、と喧々てるほど可笑い。
神鑿 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そして、早速、両腕を牡山羊のの角にかけた。しかし、忽ち山羊の猛襲に耐え兼ね、たじたじとなり、よろめいて手をはなした。
南方郵信 (新字新仮名) / 中村地平(著)
入けれどもお熊は祝言の夜より癪氣難儀なりとてかしお八母は三郎と毎夜て一ツをなす人外の仕方なりども又七は是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
よく考へて見て下され、たとへどのやうな貧苦の中でも二人つて育てる子は長者の暮しといひまする、別れれば片親、何につけても不憫なはこの子とお思ひなさらぬか
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
五分と五分だ、ここまでは一切が五分で、一切が両人の六みたいなものよ、ほんとの知己に至るまでの闘いだった、としようではないか。……どうだ佐々木
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
大俗の大雅にぶべきや否やは知らねど、我は憤慨のあまりに書を売り筆を折りて、大俗をもつて一生を送らんと思ひ定めたりし事あり、一転して再び大雅を修めんとしたる時に、産破れ、家れて
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
谷合いの畠にお長のと兄の常吉がいた。二三寸延びた麦の間の馬鈴薯を掘っていたのである。
千鳥 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
レルハ牛ノトシ、ナルハ牛ノ脚トシ、横ナルハ牛ノトシ、転ズルハ牛ノ背トシ、ナルハ牛ノ腹トシ、立テルハ牛ノトシ、(胸ノ綱)(尾ノ綱)備ワリ、軸、双、(ながえ)ヲ仰グ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
皇子尊が、女君の摂政としてあるのは異例で、君と女君と相ひて在る場合が、普通である。
万葉集研究 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
代匠記で遊仙窟の「天上無人間」という句を引いていたが、この歌の作られた頃に、遊仙窟が渡来したか奈何も定めがたいし
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
ソノ杳カナ所 燃エ煌メク深淵ニ難破スル オレノ手。擾キミダス 荊棘ヲ 暗イ溝渠ト人影ト死ト。ヒルガエル狂気ノ轍ト。一沫ノビテユメン。
逸見猶吉詩集 (新字旧仮名) / 逸見猶吉(著)