“草双紙”のいろいろな読み方と例文
旧字:草雙紙
読み方割合
くさぞうし95.3%
くさざうし4.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『一代女』の挿画は後世の草双紙のように、物凄さを強調するものではないが、この蓮の葉笠の姿は何となく凄涼の気を帯びている。
古句を観る (新字新仮名) / 柴田宵曲(著)
戯作、つまり昔の草双紙——草双紙に何があるものですか、ただその時、その時を面白がらせて、つないで行けばいいだけの代物です
山道 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ですが、江戸時代の文学だの、明治の文学だのと云ふ六ヶ敷いことになると、言ひうございますから、ね、小説、草双紙京伝本洒落本と云ふ其積りで申しませう。
いろ扱ひ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
をしたり、をついたり、草双紙を讀んだり、綾取りをしたり、雨降り續きでお客がないから、何しろ退屈でせう、——頬つぺたを嘗められたのはおまけですが、三度々々が店屋物