“絵草紙”のいろいろな読み方と例文
旧字:繪草紙
読み方割合
えぞうし66.7%
ゑざうし33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ただ食事のために作った茶碗や食卓、酒の絵草紙や版画の類あるいは手織木綿のきれ類といった如き日常の卑近なるものでありながら
めでたき風景 (新字新仮名) / 小出楢重(著)
たまに両親へいってってきてくれた絵草紙や、おもちゃなどがあると、それを良吉文雄にもせてやったり、してやったりいたしました。
星の世界から (新字新仮名) / 小川未明(著)
あれは。近「絵草紙だよ。梅「へえゝ綺麗なもんですな、て見ちやアりませんが、此間池田さんのおさまが、だとしやいましたがりませんでした。 ...
心眼 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
明治二十五年に生れた僕は勿論日清役のことを覚えてゐない。しかし北清事変の時には大平といふ広小路(両国)の絵草紙屋へき、石版刷の戦争の絵を時々一枚づつ買つたものである。
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)