心眼しんがん
さてこれは外題を心眼と申す心の眼といふお話でござりますが、物の色を眼で見ましても、只赤のでは紅梅か木瓜の花か薔薇か牡丹か分りませんが、ハヽア早咲の牡丹であるなと心で受けませんと、五色も見分が付きませんから、心眼と外題を致しましたが、大坂町に …
作品に特徴的な語句
すだ おんも まアる めへ さめ けへ 何方どれ あげ やうや あかい はぐ 提灯ぢやうちん みつ なか あが つけ あけ 早晩いま こぼ 下婢をんな ゆか あぶね でふ 種々いろん 茶店ちやや 彼方あつち 願掛ぐわんが おつ 山中やまぢう わる あにき まい まう さう 矢張やつぱり しよ 彼家あれ 当然あたりまい ぼつ まへ 先方せんぱう はま 猪口ちよこ つけ 此方こつち 真実しんじつ ごく 突立つツた 突込つツこ はう 芸妓げいしや あれ かへ 師匠しゝやう ぢやう をんな 追掛おつか とほ しやく つぐ ぬか かへつ はつ がく 黎明しのゝめ 観音くわんおん 飛下とびさが 周囲まはり あま めん 見分みわけ 道理だうり 見失みはぐ 寿命じゆみやう あり 仕合しあはせ うを あきら ちつ 早咲はやぎき くろ こゑ なに 手曳てひき いや かゝあ かゝ ぱら こは