“告”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
72.5%
つげ10.4%
4.4%
つぐ2.2%
2.2%
2.2%
まを1.1%
0.5%
こく0.5%
ごう0.5%
しら0.5%
のり0.5%
0.5%
もう0.5%
ノリ0.5%
モウ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「バケツさん、どうぞご機嫌ようおらしなさい。」と、ねずみはれをげて、ふたたびさびしい町裏してかけました。
ねずみとバケツの話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
得ず然らば途中の御用心こそ專要なれど心付るを平兵衞は承知せりとて立出れば早日は山のぶきなんとするに道を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「豐葦原の千秋の長五百秋の水穗の國は、いたくさやぎてありなり」とりたまひて、更に還り上りて、天照らす大御神にまをしたまひき。
ば高弟にり長兵衞長八兩人十四五日逗留の中に半四郎は支度を調へ長兵衞長八を連れて江戸屋清兵衞にれをるに清兵衞も萬端世話を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
王大いに喜び諸臣にえらく、もし能く灌頂刹帝大王の命を救う者あらば何をうべきやと。諸臣さようの者には半国を与うべしとす。
三津郷……大穴持命の御子阿遅須枳高日子命……大神ぎ給はく「御子の哭く由をれ」と夢に願ぎましゝかば、夢に、御子のふと見ましき。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
やあ、方々あるとなきとれがきや。賈雍從卒、おい/\といてしてく、あるこそへ。ふにうて、將軍いてよりつ。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
昨夜チラとその悪相談を小耳に挟んだので、どうかしてお前さんにらせて上げたいと、種々手を廻して、やっと尋ねあてたのが紀州屋敷。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それならわたしは、畢竟党から撰ばれて、若手検事の腕利きといふ この青年を対に、社会一般教育のため、こゝへ来たとも云ひ得やう。
疑獄元兇 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
おまへの緑の髮の毛の波は、貝のが斧のせると、眞紅まる。すぎしかたを憶ひだして。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
他に新姻ありし家あれば又式前のごとし。此神使はかの花水をふ事を神より氏子へ給ふの使也。
声がらでは、どうも、今日、途中まで迎へに出た、白髪の郎等が何かれてゐるらしい。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その喜びをさんため、神棚に燈火を点じようとして立った父が、そのまま色をかえて立窘んだ。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
52 人に犬姓を与へた、播磨風土記の例(〔つげだらう〕首)
漂著石神論計画 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
カカルワザリキ、将星チントシテ、我今生ノ命スデニ終ラントスルヲ天ノ告ゲ給ウアラントハ。——謹ンデ静夜ヲ仰ギ、カナル天心ニス。北極元辰モマタ天慈ヲ垂レ地上ノヲ聞キ給エ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)