“今生”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こんじょう85.5%
こんじやう10.9%
コンジョウ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御足労、痛み入りますが、今生のごあいさつをね、ちと申しあげたい儀もございますので、お矢倉の上までお運び願いとう存ずる
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ひと知れず今生のいとま乞ひでもして来ようと苦笑しながら、金物屋の前まで行き、ふと見ると、入口の南京錠がはづれてゐる。
津軽 (新字旧仮名) / 太宰治(著)
正行正時和田新発智新兵衛以下兵百四十三名、前皇御廟ニ参ッテ、コノタビノニハ左右ナク討死ニ申スベキノ由、御暇シアゲリ、如意輪堂ノ板壁ニ、コレ今生ノ名残リゾト、各〻
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)