“申”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もう34.2%
まを18.5%
さる17.9%
もうし8.5%
まう6.9%
まうし3.3%
まをし2.5%
もうす2.2%
まをす1.7%
0.8%
まお0.8%
もを0.6%
まうす0.6%
もおし0.3%
しん0.3%
なな0.3%
なゝつ0.3%
まをさ0.3%
モウ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、おのため、のためにく、りっぱな人間となってください。これが、からみなさんにしあげる最後言葉です。
中学へ上がった日 (新字新仮名) / 小川未明(著)
ひ、また越路ほどに、られたと意味ではないので——後言であつたのです。……不具だとふのです。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
四人は、折々その言葉を口ずさみながら、巳の刻からの刻まで考えぬいた。四人は目を見合せたまま、一語も交えずに考えぬいた。
蘭学事始 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
全くその株を奪われたる事になりしとか候、この記事が動機となりて、今年より多くの登山者を出すを得ば、これに過ぎずと
越中劍岳先登記 (新字新仮名) / 柴崎芳太郎(著)
きました、んなお丈夫さまなおうして御死去りになつたかとつて、宿しうしました、力落しで……。
明治の地獄 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
アヽおつて少々てえ事があつて出ましたんで。書生「おたい……エヽ先生八百屋甚兵衛さんがお入来で。 ...
八百屋 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
昨日千葉びまして、奧樣四五すぐれ見上げられる、うぞしてかと如何にも心配らしくますので
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
夢見ともべき Nara la Morte にはかりよんのならぬ梵鐘の声あはれにを思はせ候
書かでもの記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
何故でもいけませぬ、まゝまいとうしてもやでござんすとて、ついとつてがはへるに、なきかげしく
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そらアもう浪にはわたしも別にこいという不足はなし、も気に入っとっこっじゃから、何もこちの好きで離縁のしすじゃごあはんがの、何を言うても病気が病気——
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
阿Qは早くも桑の樹にかじりつき土塀を跨いだ。人も大根も皆の外へころげ出した。狗は取残されて桑の樹に向って吠えた。尼は念仏をした。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)
打明けてしますとな、エウゲニイ、フエオドロヰチもううから這麼事になりはせんかとつてゐましたのさ。』
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
はばかりながら御鼻の下ながながと見えさせ給へば、そんじよ其処らにそれ大した御男子様とて、分厘価値も無しと、辻に立ちて御慮外をもありけり。
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
れなさるもの、ちょっと一目お目にかかって、お聞かせとうござんすけれど、今顔をお見せ申しますと、お慕いなさいます御心から、前後も忘れて夢見るように、袖にんで手に
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「猿はに属します。それで、かれらが勝手にそんな名を付けたので、もとからの地名ではございません」
夏場の市はからきし不景気で、ツ半時分だと露天日覆の影もそう長くは延びていない頃だのに、は人影もまばらで、熱い陽あしがはすかいに背中をるばかりだった。
蕎麦の花の頃 (新字新仮名) / 李孝石(著)
翌日刻下りになりまして峠を下って参ったのは、越中富山の反魂丹を売る薬屋さん、富山の薬屋さんは風呂敷包を脊負うのに結目を堅く縛りませんで、両肩の脇へ一寸挟みまして
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
小間物屋與兵衞たる金屋へ持行しより此事顯れ則ち利兵衞與兵衞兩人たりなる證據は少しも包む事なく白状せとれければ吉三郎思ひもぬ事の糺問けるが屹度思案するにずものゝ間違ひならんとんで
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
正行正時和田新発智新兵衛以下兵百四十三名、前皇御廟ニ参ッテ、コノタビノニハ左右ナク討死ニ申スベキノ由、御暇シアゲリ、如意輪堂ノ板壁ニ、コレ今生ノ名残リゾト、各〻
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)