“少々”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せう/\76.6%
しょうしょう10.6%
わかわか6.4%
しよう/\4.3%
ちと2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ……有難うよ……うもピリ/\痛んでらない……深く切つたと見えて血が止まらない……モシ少々お願ひがございますがな
貴方少々があってたのですが、どうぞ貴方と一つ立合診察をしてはさらんか、如何でしょう。』と、さりなくハバトフはう。
六号室 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
座中では男の第一年下の二十七で、少々しいのも気の弱そうに見えるのが、今夜の会には打ってつけたような野辺送りの帰りと云う。
吉原新話 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
うちわたすは、見渡すといふくらゐの意味。をち方人といふのは、うのいてゐるおそくとは、がはかどらないでゐる樣子少々つたいひしでいつたのです。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
取ても卅二歳少々婆々ますけれども其代り厄介も子供もは其女獨りにて若御内儀さんに成ならば其こそ/\貞女御亭主
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)