歌の話うたのはなし
この度、高濱虚子さん・柳田國男先生と御一しょに、この一部の書物を作ることになりました。その高濱さんの御領分の俳句と同樣に、短歌といふものは、ほんとうに、日本國民自身が生み出したもので、とりわけ、きはめて古い時代に、出來上つてゐたものでありま …
作品に特徴的な語句
はじめ せこ づよ 退たい とばり かを あき あり うは 流行りゆうこう かゞ 商人しようにん をさま うま おほ 何故など 月光げつこう 習慣しゆうかん なほ 黒人くろひと あらは 上手じようず 調和ちようわ やは 表面ひようめん あらは 正直しようじき がは 父親ちゝおや たい かへ うへ さが 標準ひようじゆん 風流ふうりゆう 失敗しつぱい をつと 東京とうきよう 誇張こちよう 月夜づくよ かは かげ 五月ごがつ 師匠ししよう りよう ぞう 事情じじよう しほ はゝ まへ 心持こゝろも しも 上品じようひん 一方いつぽう おほ 批評ひひよう 修行しゆぎよう をんな あひだ 始終しじゆう 政治せいじ いかづち 結果けつか あふ 材料ざいりよう たし 指折ゆびを むろ 調とゝの 文章ぶんしよう 一枚ひとひら いへ 書物しよもつ ちゝ 調子ちようし みこと ちひ 四月しがつ すく あつま 熱情ねつじよう 十分じゆうぶん みづか つめた るい たつ 屏風びようぶ 骨折ほねを