“東京”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とうきやう31.6%
とうきょう27.9%
とうけい6.6%
こちら5.1%
とうきよう4.4%
こっち4.4%
トンキン3.7%
とうけう2.9%
こゝ2.2%
こつち2.2%
ここ1.5%
あっち1.5%
あちら0.7%
あつち0.7%
あづま0.7%
とうけふ0.7%
ふるさと0.7%
みやこ0.7%
トウキョウ0.7%
トウケイ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
土地にて、いなだは生魚にあらず、きたるものなり。夏中下物贈答ふる東京けるお歳暮し。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
が、東京奉公にくるときに、さんはなにをってやろうかとえました。二人れてしまわなければなりません。
赤いえり巻き (新字新仮名) / 小川未明(著)
わたくしたちは、もと開封東京の者でございますが、重い税にくるしめられて、商売もなりたたず、この渭州流離うてまいりました。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それも去年共は東京に來た時一度知らしたままでまだ郷里の方にはこちらに轉居したことを知らしてやらなかつたものですから
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
明治十二年横濱きまして、その出來てゐました汽車東京途中汽車からそこら風景めてをりました。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
「まあ、人様のもので、義理をするんだよ、こんな呑気ッちゃありやしない。串戯はよして、謹さん、東京は炭が高いんですってね。」
女客 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
東京から持つて来た罌粟の種子を死骸で肥えた墓地に植ゑて見ると思ひの外に成績がよくてその特徴を発揮させることが出来た。
鴉片 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「いや、いつもはつてしい」東京へくればいつでも此処宿泊することにしてゐるM、Hへた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
勝沼の町とても東京にての場末ぞかし、甲府は流石に大厦高樓、躑躅が崎の城跡など見る處のありとは言へど、汽車の便りよき頃にならば知らず、こと更の馬車腕車に一晝夜をゆられて
ゆく雲 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
春三郎は其を見て嘗て文太郎が東京に來た時分自分と一緒に牛肉屋へ上つた時此と同じやうなコローム版の額を見て
勝沼の町とても東京にての場末ぞかし、甲府はさすがに大厦高楼、躑躅の城跡など見るのありとは言へど、汽車の便りよき頃にならば知らず、こと更の馬車腕車に一昼夜をゆられて
ゆく雲 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
「佐野さん、あなたの写真の評判が東京で大変なんですって」
行人 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
どうぞ御身を大事に遊ばして、必ず気をながくお持ち遊ばして、ね、決して短気をお出しなさらぬように——御気分のいい時分はこのをごらん遊ばして——私は東京に帰りましても
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
司は素人になつても美しいだらう。しやぐまと丸髷とどちらがよく似合ふ? 兎に角こゝいらでまごついてゐるのはよせよ。早く東京へ歸つたらどうか。丁度商館の方に人が入用なんだ。
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
訝り集ふ人々の、贔負心に冷笑ふ、これも名残の一ツなると。お心強くも背後に聞きなしたまひて、我を東京へ携へ出でたまひたるは、我七ツのほどの事なりき。
葛のうら葉 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
銀座の大通りに空家を見るは、帝都体面に関すと被説候人有之候へども、これは今更の事にはず、東京けて銀座の大通りの
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
東京の寄席の灯遠き夜長かな
寄席風流 (新字旧仮名) / 正岡容(著)
汝ほどの學識は廣き東京くほどにて、塵塚の隅にもごろごろと有るべし、いづれも立身出世の望みを持たぬはなく、各自ことはりて、出世の向きも種々なるべけれど
花ごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
トリツク怒濤シキ小波、スベテ、コレ、ワガ、シバラクモビテミタイ下心所為東京ノオリンピックテカラニタイ、読者ソウカトクウナズキ、キトガメダテ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)
ニ、今年七月十五日ノ生辰ヲ期シ、又モ十万貫ノ不義ノ財貨ヲカニ都門東京ヘ輸送セントス。天冥コノ不義ヲ許スベケンヤ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)