赤いえり巻きあかいえりまき
お花が、東京へ奉公にくるときに、姉さんはなにを妹に買ってやろうかと考えました。二人は遠く離れてしまわなければなりません。お花は、まだ見ないにぎやかな、美しいものや、楽しいことのたくさんある都へゆくことは、なんとなくうれしかったけれど、子供の …
作品に特徴的な語句
うえ 少女しょうじょ 木枯こが 機会きかい 流行りゅうこう あた なか 主人しゅじん 人集ひとあつ あお ひか たんぼ ぼっ そと あね むすめ いえ ねん 彼女かのじょ のち 性質せいしつ ほう 東京とうきょう よご 生活せいかつ あら した ひら あいだ 一人ひとり した 不憫ふびん 二人ふたり ひと 人々ひとびと 人波ひとなみ 今年ことし 使つか しん はたら ひかり ふゆ 出迎でむか わか まえ きた 半分はんぶん くち よろこ こま とう こわ なつ 大人おとな 大騒おおさわ 奉公ほうこう おく いもうと ねえ 姿すがた 子供こども うち さむ ちい 小言こごと 小鳥ことり かえ とし 建物たてもの かげ あと こころ 心細こころぼそ 心配しんぱい わす おも わる かな 想像そうぞう 愛嬌あいきょう かん 手紙てがみ かた