“奉公”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ほうこう95.6%
つと1.5%
ほうかう1.5%
ぼうこう1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、東京奉公にくるときに、さんはなにをってやろうかとえました。二人れてしまわなければなりません。
赤いえり巻き (新字新仮名) / 小川未明(著)
石黒忠悳男は今ではにまかせて茶の湯を立てたり、媒人をしたり、また喧嘩の仲裁をしたりして暮してゐる。その石黒男のに長年奉公めてゐる女中が、ある日の事、男爵の前に両手を突いて
伯父さまつてされ、最早奉公はよしまするとて取亂してきぬ。
大つごもり (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
河内和泉、あの辺の田舎から年期奉公に来ている丁稚や下女が多いが、冬の夜寒に、表の戸をめて、そう云う奉公人共が家族の者たちと火鉢のぐるりに団居しながらこの唄をうたって遊ぶ情景は
吉野葛 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)