武士に関する言葉
語句一覧
一番槍
いちばんやり
三河武士
みかはぶし, みかわぶし
上士
じょうし
上洛
あが, じやうらく, じょうらく, のぼ, のぼら
与力
よりき
介錯
かいしゃく, かいしやく, かいぞえ
使番
ちょうまつ, つかいばん
かし, かしず, かしづ, さぶら, さぶらい, さむ, さむら, さむらい, さむらえ, さむらひ, さむれ, さむれい, さむれえ, さも, さもら, さんぴん, ざむらい, ざむらひ, じ, そば
侍大将
さむらいだいしょう, さむらひたいしやう
八介
はちすけ
公卿
くぎやう, くぎょう, くげ, こうけい
初陣
ういじん, うひぢん
国人
くにうど, くにひと, くにびと, こくじん
地侍
じざむらい
地頭
じあたま, じがしら, じとう, ぢがしら, ぢとう
堀之内
ほりのうち
士族
さむらい, しぞく
外様
とざま, ほかさま
大名行列
だいみょうぎょうれつ
大紋
だいもん
奉公
つと, ほうこう, ぼうこう
安堵状
あんどじょう
家中
いえじゅう, いへぢう, いへぢゆう, うち, うちじう, うちじゅう, うちじゆう, うちぢう, うちぢゆう, うちゞう, うちヾう, かちう, かちゅう, かちゆう, なか, やうち
家宰
かさい
家紋
もん
宿老
おとな, しゅくろう, とね, トネ
布衣
ぬのぎぬ, ぬのこ, ふい, ほい
幕府
おかみ, ばくふ, タイクン
幕臣
ばくしん
影武者
かげむしゃ
徒士
かち, かちざむらひ, かぢ
御内人
おうちびと, みうちびと
御家人
ごけにん, ゴケニン
御恩
おめぐみ, ぎょおん, ごおん
御目見
おめみ, おめみえ
悪党
あくとう, わる, ギャング, フィルウ
惣領
そうりやう, そうりょう, そうれう
改易
かいえき
敵討
あだうち, かたきう, かたきうち, かたきぶち
旗本
はたもと, ぱたもと
日本刀
につぽんとう, にほんたう
日本外史
にほんがいし, にほんぐわいし
朝臣
あそ, あそみ, あそん, ちょうしん, てうしん, アソ, アソン, テウシン
末期養子
まつごようし
本姓
ほんせい
武士
さむらい, さむらひ, さむれえ, さんぴん, ざむらい, ざむらひ, つわもの, ぶし, ぼし, もののふ, ものゝふ, りゃんこ, サムラヒ, ナイト, ブシ
武士道
ぶしだう, ぶしどう
武家
さむらい, さむらひ, さむれえ, ぶけ, ぶげ, りやんこ
武者修行
むしゃしゅぎょう
武者絵
むしゃえ, むしやゑ
武鑑
ぶかん
殿上童
てんじょうわらわ
殿原
とのばら
母衣
ほろ, ホロ
浪人
ろうにん
烏帽子
えばうし, えぼうし, えぼし, ゑばうし, ゑぼし
烏帽子親
えぼしおや
犬追物
いぬおうもの, いぬおふもの
狩衣
かりぎぬ
用人
ようにん
直垂
したたれ, ひたたれ, ひたゝれ
竹馬抄
ちくばしょう
笠懸
かさか, かさかけ, かさがけ
素襖
すあう, すあを, すおう
給人
きゅうにん
総大将
そうたいしょう
美濃衆
みのしゅう
脱藩
だっぱん
苗字帯刀
みょうじたいとう
茶坊主
ちゃぼうず
菊綴
きくとじ, きくとぢ
華族
かぞく, くわぞく, ヤンパン
落武者
おちむしゃ, おちむしや
葉隠
はがく, はがくれ
藩士
はんし
被官
ひかん, ひくわん
かせ, かみしも, がみしも
褐衣
かつい
覇王
はおう, はわう
諸大夫
しょだいふ
譜第
ふだい
足軽
あしがる
軍役
いくさのつとめ, いくさやく, ぐんえき
辻斬
つじぎ, つじぎり
郎党
らうだう, ろうとう, ろうどう, わかもの
郷士
がうし, ごうし, ヨウマン
鏑矢
かぶらや
陪臣
ばいしん, またざむらい, またもの
青侍
あおさぶらい, あおざむらい, あをざむらひ
首実検
くびじっけん
馬印
うまじるし, ウマジルシ
馬廻
うままは, うままわ, うままわり, うまゝわり
馬廻役
うままわりやく
高家
かうけ, こうけ, たかいえ
※ 漢字に振られたフリガナの情報を対象としているため網羅性はありません。また、読み方は一般的なものとは異なる場合があります。